2008年09月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2008/09/30 ポイント好きな外人のお兄さん
  3. 2008/09/30 ある男がひとりで登山に出かけたまま行方不明になった
  4. 2008/09/30 アメリカのとある地方に野球の好きな盲目の少年がいました
  5. 2008/09/30 たった今、登戸駅を過ぎたJR南武線の中で流れた車内アナウンス
  6. 2008/09/30 北朝鮮のアナウンサーの真似が出来るようになるコピペ
  7. 2008/09/29 道端に仔猫が捨てられていた
  8. 2008/09/29 『アルミホイルで包まれた心臓はry』を怖くなくしてみた
  9. 2008/09/29 祖父の家の隣にあった廃小学校で遊んでいたときの話
  10. 2008/09/29 【超レア】ダム板の1001【AA】
  11. 2008/09/29 ロンドンのパブでいかついニーチャンに絡まれた
  12. 2008/09/29 英語版『出来ちゃった結婚』のありえない由来
  13. 2008/09/28 東京都の踏みつけ通り魔、ようやく逮捕に
  14. 2008/09/28 嫁は妊娠中。もうすぐ八か月。
  15. 2008/09/28 俺が八尺様に魅入られてしまった時の話
  16. 2008/09/28 豚カツの食えない生活なんて!俺はいすらむをやめるぞー!
  17. 2008/09/28 ガラパゴスゾウガメの由来って知ってる?
  18. 2008/09/28 膣内にイヤホン突っ込んでドナドナを流す痴漢漫画
  19. 2008/09/27 何もすることがない日には主に勃起している。
  20. 2008/09/27 任天堂の横井さん
  21. 2008/09/27 『1000まで行ってはならないスレ』を怖くなくしてみた
  22. 2008/09/27 新ジャンル「ツンデレなDQN」
  23. 2008/09/27 誰でもわかるスタバオーダー基礎知識
  24. 2008/09/27 「おじさんのバナナもたべてみんか?」 と言ってた酔っ払い親父がいた。
  25. 2008/09/26 私が冷蔵庫を開けると、誰かの生首が入っていました。
  26. 2008/09/26 私がホテル勤めをしていた頃の話。
  27. 2008/09/26 我が家は両親共働きで、父親がお弁当作り担当だった
  28. 2008/09/26 有名な『電気をつけなくてよかったな』を怖くなくしてみた
  29. 2008/09/26 結婚の報告
  30. 2008/09/25 犬「眠るの!?僕、眠るの!?ねぇ!今!ここで眠る!?」
  31. 2008/09/25 気温が・・・℃の時、フィンランド人はどんなふうにふるまうか
PREV→

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイント好きな外人のお兄さん

148 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/09/18(木) 21:06:42 ID:W+uiEk9A

都内のCDショップで働いてた時の話。
いつも日本人アーティストのCDを買いに来る白人さん
(♂多分、アメリカの人)がいたのだが、
たまに探してるCDを聞かれて検索したりしてたので
(しかも日本アイドル好きw)
うちの店では顔なじみのお客さんだった。

ある日、ポイントカードのポップ(広告)を
( ‘Д‘)じぃ~ってな感じで見てたので、
英語が得意な奴が「どうしましたか?」みたいな感じで
英語で話しかけたのよ。

( ‘∀‘)η「コレハ、ナンデスカ?」
( ´∀`)「ああ、これはポイントカードと言って、
      購入して頂いた金額の○%をポイントとして
      貯める事が出来るんですよ。」※英語で
( ‘д‘)η「ポイント?」
( ´∀`)「はい。貯まったポイントの分だけ、割引出来るんですよ。」
      ※英語で
(*‘∀‘)η「オウ!!スゴイ!!コレ、ホシイデス!!」
( ´∀`)「はい、かしこまりました。」※英語で

てな感じでポイントカードを作っていったのだが、
どうやらそれ以来、ポイントが貯まるのが楽しいらしく、
いつもCD買った後、
こんな顔しながら(*‘∀‘)ポイントカードを眺めていたのよ。



149 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/18(木) 21:07:46 ID:W+uiEk9A

で、いつもの様に何枚かCDを買いに来たのだが、
たまたま、その日のレジは入ったばかりの新人さん( ・∀・)♀。

( ・∀・)「いらっしゃいませ。ポイントは如何いたしますか?」
( ‘∀‘)η「…ィヴ」
( ・∀・)「??・・・ああ、OK。ユーズですねwはい。
     では、全額使用させていただきます。○○円になります」
( ‘∀‘)「??…OK、スコシ、マテクダサイ」

思っていた金額より安かったらしく、
少し??な顔になりながらも、wktk顔(*‘∀‘)で待っている白人さん。
会計を済まし、レジを去りながらいつもの様にポイントカードをチェック。
・・・そして出口の自動ドアの前で

。゚(゚´Д`゚)゜。「ノォォォォォウウウ!!!」

両手で頭を抱え、悶絶。
何か言いたそうにこちらを一瞥するが、
何も言わず肩を落として帰る白人さん(;д;`)
まあ、言わずもがな、どうしてかその新人さん、
saveとuseを聞き違えていたそうな。

後日、英語の得意な店員と話していて、この事が発覚。
新人さん顔真っ赤にしながらソーリーを連呼。
白人さん( ‘∀‘)「オーケー、オーケー、ノープロブレム。ダイジョウブデス。」
そういって許してくれたので、
謝罪の意を込めて割引チケットをプレゼント。
白人さん、ラッキー言いながら喜んでましたw
その件があったからかどうか、
白人さん、少し日本語がレベルアップしました。

(´・∀・`)「ポイントはいかがなさいますか?」
( ‘∀‘)η「アー、タメェーテークダサーイ。」


150 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/18(木) 21:17:32 ID:QNFqGIO6

(´・∀・`)「お弁当は暖めますか?」
( ‘∀‘)η「アー、タメェーテークダサーイ。」

応用範囲広いぞ。



152 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/09/18(木) 21:22:18 ID:W+uiEk9A
>>150
www
その外人さん、何故かいつも
文頭に「アー、」て言う癖があったんだよw



158 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/18(木) 22:38:58 ID:eRO/QgRQ
>>149
そこまでポイントに固執する外人も珍しいなw
本国にもそういうのあるだろうに。
国とは関係なく、その人の個性なのかも。



159 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/18(木) 23:16:12 ID:EYvZLM0J
こんなにポイントカードがあるのは日本ぐらいじゃね?
薬局、CD屋、服屋、飲食店、家電屋など
一人何枚も持ってるだろ。



161 おさかなくわえた名無しさん [] Date:2008/09/18(木) 23:18:49 ID:Fygrmc7n Be:
(´-`).。oO(saveとuseなんて聞き間違えるか普通?)



165 名前:148[sage] 投稿日:2008/09/19(金) 00:13:20 ID:PGWFnuks
>>158
詳しくは聞いてないけど、
>>159の通り日本のポイントカードの数は異常だって言ってたw
薬局(マツキヨ?)のポイントカード見せながら笑ってたよw

>>161
saveがポイントを貯めるって意味だと知らなかったらしいw
だからsaveという発想がなかったみたいw
で、勝手にuseに変換してしまったらしいw

…つか、改めて見直してみたら、日本びいきでも何でもないな…スマソotz
スポンサーサイト

ある男がひとりで登山に出かけたまま行方不明になった

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(栃木県)[] 投稿日:2008/09/13(土) 22:10:03.82 ID:ASXal0AQ0

ある男がひとりで登山に出かけたまま行方不明になった。
捜索隊が結成され山狩りが行われたが
見つかったのは男の物と思われる荷物だけだった
そのなかには、テープレコーダーがあった。
テープには大声で助けを求める、男の声が録音されていた。
男はどうやら何かけがをして、動けなくなったらしかった。
テープことはマスコミにも公表されたが、
遺族も警察関係者も公表をひかえていた部分があった。
そのテープには助けを求めるメッセージとは違うものも録音されていた。
何かに非常におびえた男の声だった。
どうやら夜に何かがおこっているようだった。
男は必死にテープにむかって口述している。

一日目

「夜になると人の声がする・・・
呼ぶ声がする・・・
こんな夜中に誰もいないところに・・・
だれもいないのに・・・」

二日目

「たすけて・・・
声がする。
夜になるとあいつがやってくる・・・
暗闇から呼んでいる・・・
昨日より近くなっている・・・
おそろしいよ・・・
おねがい、たすけて・・・
とてもこわい、とても・・・
だれかたすけて・・・」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(栃木県)[] 投稿日:2008/09/13(土)
22:11:17.88 ID:ASXal0AQ0

三日目

「近くまで来ている・・・
たすけて・・・
人が・・・ヒッ・・・
・・こわい・・
近くまで来ている・・・
おねがい、たすけて・・・
おねがい、おねがい
よぶ・だれも・・・
ひ・あいつ・・ちか・・・・こわいよ・・たす
すぐそばまで・・たすけ・
こえが・・・
おねがい、・・た・・・・て」

こうしてテープはそこで切れている。
それ以後、男はテープに何も録音していない。
警察はこのテープをくわしく分析した。
テープはずっとその男の声だけで、他の怪しい物音は入っていなかった。

しかし、三日目のテープが最後に切れるところで、
これまでとは違う音が録音されていた。
そのことに関して、分析家も理解不能だった。
それは、遭難した男の声とは違う、別の人間の声だった。
レコーダーのすぐそばで発せられている。
耳元でささやかれたかのように、はっきりと。
「破ァッ!! 」

ちょうど山に山菜を取りにきていたTさんの声だった。
そのすぐ後遭難した男性を背負いTさんは山から降りてきた
「低級霊が集まってきてたが山の神と直々に話をつけてきた。
人間がよりつきさえしなけりゃもう襲ってはこないぜ。
ま、お蔭でとった山菜は全部お供え物になっちまったがな」

土まみれになりながらもさわやかに笑うTさんを見て
寺生まれってスゴイ、改めて思った。

アメリカのとある地方に野球の好きな盲目の少年がいました

122 名前:放課後ニャンニャン ◆0qkXBFmuAg [] 投稿日:2007/10/17(水) 03:53:41.66 ID:LbCoUo110
アメリカのとある地方に
野球観戦の大好きな、でも、目の見えない少年がいました。
少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手に憧れています。

ある日、少年はその選手にファンレターを送りました。
「ぼくは、めがみえません。
でも、まいにちあなたのホームランをたのしみにしています。
しゅじゅつすればみえるようになるのですが、こわくてたまりません。
あたなのようなつよいこころがほしいです。
                         ぼくのヒーローへ」

この手紙がマスコミの目に留まり、二人の対面が実現する事になりました。
カメラのフラッシュの中、ヒーローと少年はこう約束します。
今度の試合でホームランを打てば、少年は勇気をもって手術に臨む、と・・・

そして、その試合でヒーローによる最後の打席。
2ストライク・3ボール。
テレビや新聞を見た多くのファンがスタジアムで固唾を呑んで見守り、
少年自身もテレビの中継を祈る思いで聞いています。

しかし、ピッチャーの投げた最後のボールは
大きな空振りとともにキャッチャーミットに突き刺さりました。

そして全米から大きなため息が漏れようとしたその時、
スタジアムの実況がこう言いました。

「・・・ホームラーンッ!
月まで届きそうな大きな大きなホームランですっ!!!」

たった今、登戸駅を過ぎたJR南武線の中で流れた車内アナウンス

906 おさかなくわえた名無しさん sage 2006/04/14(金) 06:03:56 ID:YcAgl7uz

たった今、登戸駅を過ぎたJR南武線の中で流れた車内アナウンス

「えー、大変ご迷惑をおかけしております。
 只今、この電車のすぐ横を、犬 が 並 走 し て お り ま す 。

 このままスピードを上げますと犬を引いてしまう怖れがありますので、
 ご迷惑ではありますが暫く徐行運転させていただきます。」

数分後、

 「ご協力ありがとうございました。
  犬は無事線路の外に出ました。
  ご協力ありがとうございました。」


もう俺は一生南武線に付いて行くぜと思った。




912 おさかなくわえた名無しさん sage 2006/04/14(金) 19:56:27 ID:6hk1JHRC
>>906
数年前だが

「皆様右側をご覧ください、虹が出ております」

というのもあった。

北朝鮮のアナウンサーの真似が出来るようになるコピペ

27 名前:爆音で名前が聞こえません[sage] 投稿日:2008/05/27(火) 21:09:40 ID:3VI4atpRO
北朝鮮のニュース番組はだいたいこう聞こえる

  踏んだら孕んだ!
  孕んだ振る降る般若だ!
  童貞擦る無駄、フン出る春巻きはむ無理!
  チン毛ちぎり、看板塗る飛騨!
  安眠煮る焼酎!
  安打!?半田ゴテ適時打!!
  原チャリ盗んだ!



35 名前:爆音で名前が聞こえません[] 投稿日:2008/05/28(水) 23:35:36 ID:cvV/PmxlO
>>27
呼吸困難になったwwwww



47 名前:爆音で名前が聞こえません[] 投稿日:2008/05/30(金) 00:03:51 ID:LdqKpM9MO
>>27
吹いたww

道端に仔猫が捨てられていた

864 名前:優しい名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/11(木) 00:22:22 ID:n1OAHGOc

朝、道端に仔猫がいた。少し寒い朝だった。
猫を触ろうとして近づいた時、
「あんたに俺が飼えるのか」そう聞かれて思わず動きが止まった。
我が家では既に犬を飼っており、飼うことはできない事を告げると、
「じゃあ触らないでくれ。手が離れた後は、余計、寒いんだ」と言われた。
彼は少し間を空けて「俺は別に可哀相じゃない」と付け足した。
ずいぶんとひねくれた奴だ。
何と返せば良いかわからず固まってしまった。

「謝らなくていい」
彼はそんな人間の心理をよく知っているようだった。
彼に別れを告げて立ち去る事にした。
きっと今朝だけでも何度となく今のようなやり取りをしたのだろう

突き当たりのカーブミラーで彼の居たあたりを見た。
まん丸な黄色い二つの目がこちらを見ていた。



871 名前:優しい名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/13(土) 00:00:12 ID:aAtuARlC

会社から帰って犬の散歩に出た。
いつもの角を左に曲がる。
曲がって少し進んだところで犬の様子が変わった。
用を足すのかと思いビニール袋を出したが、どうやら違うらしい。
犬が草むらに顔を突っ込んで匂いを嗅いでいるのを見て思い出した。
今朝、ここであのひねくれた仔猫と例のやりとりをしたのだ。

仔猫は今もそこにいた。
痩せた体を伸ばして横たわっている。
犬が鼻先でつつくと、驚いて飛び起きた。
「連れて行きたい。」
予想通りの反応。
家に入れられるか判らないと言うと、「私の小屋を使えばいい」と返された。
その眼差しに表れた強い意志。
お前がいるから、などと下手な事を言えば、
ならば自分が出て行くとでも言い出しかねない。
犬は横目でこちらを見ながら言った。
「この仔の生存が認められないほど、世界に余裕はないものだろうか?」
よく意味が解らなかったが、
我が家の家計を心配しているわけでもないらしい。
やけに渋い顔をして言うので、思わず同意してしまった。

同意したはいいが、
こいつはまさか仔猫を見つける度に連れてくるつもりなのだろうか。
「また見つけたら、お隣を伺う。もし駄目でも、他を当たる。」
まさにそのつもりらしい。お隣というとあのレトリーバーか。
母や妹はともかく、父には何と言おうかと考えていると、
「世話は私がする。ただミルクだけ注いでやって欲しい。
 冷蔵庫もパックも、私には開けられないから。」
お安い御用、とばかりに肩をすくめた。
それより父に何と言おう。

犬は仔猫の全身の匂いを丁寧に嗅いだ。
それを終えると、
「一度やってみたかった」と言って仔猫を口に咥えた。
何年も前に犬の避妊手術をした事を思い出した。
仔猫は終始黙っていた。
嗅がれるのも咥えられるのも、されるがままにしていた。
猫を咥えた犬は、顔をいつもより少し高く上げて歩いた。
その姿はまるで胸を張っているかのようで、どこか得意気に見えた。

『アルミホイルで包まれた心臓はry』を怖くなくしてみた

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(愛知県)[] 投稿日:2008/09/13(土) 21:22:25.66 ID:g8jqvHO50

同じ画像なりマークなりを
毎日見せることによって、
それがあっても、
それが目に付いてもおかしくない、
不自然ではない状態にすることは
洗脳の第一歩だよ。
仮に君の部屋の壁紙に
普通では視認できないメッセージが刷り込まれていたらどうする?
連日連夜、気づかれないように
少しずつ少しずつメッセージを刷り込んでいくんだ。
時々、突然気分が悪くなったり、めまいがしたことはないか?
金縛りにあったことは?
お昼ごはんを食べたのを忘れたことは?
大きな都市が丸ごと停電する夢を見た経験は?
球形プラズマ、蜃気楼、観測気球、写真に撮るとしたらどれ?
マンテル・チャイルズ・ウィッティドその次は?
『アルミホイルで包まれた心臓は
六角電波の影響を受けない』というフレーズ知ってる?
螺旋アダムスキー脊髄受信体って言葉に聞き覚えはある?
さっきからずっとあなたの後ろにいるのは誰?

「俺だ」
振り返るとそこには寺生まれで霊感の強いTさんが!
するといきなり「破ぁ!!!」と叫んだ!
粉みじんになっていくマンテルとチャイルズとウィテッドとその次!
「人の恐怖感に入り込んで自分の結界を広げていく小悪党め!!!」
部屋に響く断末魔が鳴り止んで、Tさんははにかみながら
「アルミホイルで心臓は包めない、覚えておくんだな。」
寺生まれってすごい、改めてそう思った

祖父の家の隣にあった廃小学校で遊んでいたときの話

921 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 10:44:27 ID:bcB2Mx+n0

祖父が住んでいた家の隣は、
昭和初期に立てられたと見られる完全木造の廃小学校があった。
さらにその裏手には無縁仏の墓が並んでいる。
というオカルト(廃墟)マニアが喜びそうな立地だった。
その廃小学校は15年ほど前に壊されたんだが、
その前に何度か中に忍び込んだことがある。
その時体験した話だ。

まだ小学生だった私は
夏休みを利用して祖父の家に遊びに帰っていた。
その敷地内で、近所の子供らと鬼ごっこをしていた時だった。
小学校のある窓に人影を見つけた。と近所の子供の1人が言い出した。
(今思えば、近所の子供にとってはその小学校は
ホームグラウンドみたいなものだからビビらせようとしたのかも)
まだ昼だったが、その事実を聞いただけで怖がった私は
中を調べることを拒否した。
結果、私の兄を近所の子供数人が中に入って確かめることにした。

外で待っていた私と、近所の子供は、暇つぶしに校庭の中を探索した。
そして校庭の一角に、古井戸を見つけた。
古井戸は危険防止のためか石の蓋が上に載っていたので、
あまり怖くはなかった。近所の子供がその石の蓋に隙間があるのを
見つけて、そこから石をいれた。
水は枯れているのか、隙間から「カーン」という音が鳴り響く。
それが面白かったのか、
私と近所の子供は、井戸の隙間から石をいれて遊んでいた。

しばらくして、兄と近所の子供たちが帰ってきた。
兄と近所の子供たちは興奮しながら、
「中に入ったら「カーン」「カーン」って聞こえてきた!!」
と叫んでいたのでおかしくて笑っていた。
あんまり興奮するから、そろそろネタバレしようと、
井戸のことを言おうとした瞬間

「カーン」

と低い男の声が校舎の中から聞こえてきた。

みんなも聞こえてたみたいで
私たちは蜘蛛の子を散らすように逃げ帰った。
今思うと、他に誰かがいたのかもしれないけど、
本当にド田舎だし、まっ昼間に誰かがいたら流石に気づいたと思う。

この話を書く上で、近所の子供って言葉が何度も出てるけど、
実はどの家の子供かとか性別すらも全く記憶にないんだよね。
今は祖父はいないので祖母に聞いたりしたんだけど、
狭い集落のことだから簡単に分かるかと思ったら
「あの頃は毎日いとこと兄弟と海で泳いでたでしょう」と言われた・・・

【超レア】ダム板の1001【AA】

1000 名前:川の名無しのように[sage] 投稿日:2008/05/17(土) 18:28:51 ID:ruyA4wTW0
1000ならダムになる!



1001 名前:1001[] 投稿日:Over 1000 Thread

           ∧∧
          (/゚д゚)  ∧_∧
         00  /  (・ω・ )
    ____/__)__∪∪__)
   .(@)@)@)/三三三三三三三三)
":":":":":":":(/ )))":":":":":":":":":":":":":"∈(・ω・)∋":"


このスレッドは水位が1000を越えました。
もう書けないので、次スレに避難してくださいです。。。

               河川・湖沼・ダム@2ch掲示板
               http://society6.2ch.net/river/




御洒落だ…



[246]日出づる処の名無し2008/05/17(土) 23:09:16 ID:ovYapk0m
>>245
だがしかし、このAAを見たものはこれまで極少数だったという・・・
ぶっちゃけ今回の話題いぜんには4回しか表示されたことないんじゃない?



[247]日出づる処の名無し2008/05/17(土) 23:11:43 ID:5muARzUN
>>245
1000ならダムになるって…余程うれしかったんだろうか。

ロンドンのパブでいかついニーチャンに絡まれた

900 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/09/16(火) 02:59:13 ID:m/qWN3Ij

先月までロンドンにいたんだが、
パブでいかついニーチャンに絡まれたことがあってな

お前は日本人か?
お前もイギリスの飯は不味いって言うんだろ?(´・ω・`)
勘違いするなよ。
我が国の飯が不味いんじゃない。
お前の国が恵まれ過ぎなんだよ(´・ω・`)

ふざけるなよファッキンジャップが。
俺だってミソスープ大好きだよ。
メンタイコゥ食いてーよ(´・ω・`)

お前等は卑怯だ。
ずるい。
同じ島国でこの差はなんだよ糞が。
ファック、ファッキンジャップ、シット、ファック(´;ω;`)


初めて泣き上戸の外人を見た
夏に来日するらしいから美味い明太子を食わせてやる予定

英語版『出来ちゃった結婚』のありえない由来

367 名前: 名無しさん : 07/02/11 13:17:27 ID:TmsMOk2x

できちゃった結婚(-けっこん)とは、

婚姻関係にない男女による性行為(婚前交渉)によって妊娠したため、
急遽結婚すること。
狭義には男女の一方、もしくは両方が、
予定しないにも関わらず妊娠してしまった場合のみとすることもある。
かつては修飾語と被修飾語が逆の婚前妊娠と呼ばれた。

英語(米俗)では、shotgun wedding (marriage)という。
妊娠した娘の父親が
相手に散弾銃を突きつけて婚約を迫ったという故事に由来する。



由来アリエナス

東京都の踏みつけ通り魔、ようやく逮捕に

42 名前:大人の名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/08(日) 03:05:27 ID:HBtibsHe
東京都の踏みつけ通り魔、ようやく逮捕に

警視庁は11日、都内住民から通称「緑の踏みつけ魔」として
恐れられていた男を、傷害等の疑いで現行犯逮捕した。

逮捕されたのは、
住所不定・自称配管工の山内ルイージ容疑者(56)。
調べによると、同容疑者は1985年ころから、
駅や歩道橋などの階段を渡ろうとする通行人を頭上から襲い、
踏み付けたり火の玉状のものを投げ付けるなどして、
少なくとも50名以上の被害者に
頭蓋骨骨折ややけどなどの重症を負わせていたが、
新宿駅前で同区在住の会社員・ノコノコさん(25)を襲ったところを、
同事件の警戒の為張り込んでいた捜査員によって逮捕された。

調べに対し同容疑者は、「もう少しで1UPできた」
「キノコを食べてパワーアップしていれば捕まらなかった」などと
意味不明な供述をしており、警視庁は薬物の乱用等の可能性も
考えられるとして引き続き取調べている。
また、他の被害者からは「本当に恐ろしいのは赤いほう」との、
共犯者の存在を示唆する証言もあり、
警視庁では引き続き都内の階段・土管付近の警戒を続ける方針。

嫁は妊娠中。もうすぐ八か月。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2008/09/24(水) 01:41:47
嫁は妊娠中。もうすぐ八か月。
西日の部屋で、ソファに座ってお腹を撫でてる嫁を見てたら、
なんとなく言いたくなって
後ろから抱き締めて「愛してる」って言った。
ただ、俺の嫁、ろう者なのね。
なんも聞こえないの。
わかんないの。

わかんないはずなの。
でも、嫁、振り返って

手話で
《わたしも》
って言ってくれた。

俺、明日もがんばれるわ。

俺が八尺様に魅入られてしまった時の話



908 名前:1/1[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 09:45:56 ID:VFtYjtRn0

親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
農家なんだけど、何かそういった雰囲気が好きで、
高校になってバイクに乗るようになると、
夏休みとか冬休みなんかにはよく一人で遊びに行ってた。
じいちゃんとばあちゃんも「よく来てくれた」と喜んで迎えてくれたしね。

でも、最後に行ったのが高校三年にあがる直前だから、
もう十年以上も行っていないことになる。
決して「行かなかった」んじゃなくて「行けなかった」んだけど、
その訳はこんなことだ。

春休みに入ったばかりのこと、
いい天気に誘われてじいちゃんの家にバイクで行った。
まだ寒かったけど、広縁はぽかぽかと気持ちよく、
そこでしばらく寛いでいた。
そうしたら、

「ぽぽ、ぽぽっぽ、ぽ、ぽっ…」

と変な音が聞こえてきた。
機械的な音じゃなくて、人が発してるような感じがした。
それも濁音とも半濁音とも、どちらにも取れるような感じだった。

何だろうと思っていると、庭の生垣の上に帽子があるのを見つけた。
生垣の上に置いてあったわけじゃない。
帽子はそのまま横に移動し、垣根の切れ目まで来ると、
一人女性が見えた。
まあ、帽子はその女性が被っていたわけだ。
女性は白っぽいワンピースを着ていた。

でも生垣の高さは二メートルくらいある。
その生垣から頭を出せるってどれだけ背の高い女なんだ…
驚いていると、女はまた移動して視界から消えた。
帽子も消えていた。
また、いつのまにか「ぽぽぽ」という音も無くなっていた。



909 名前:2/9[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 09:46:59 ID:VFtYjtRn0

そのときは、もともと背が高い女が超厚底のブーツを履いていたか、
踵の高い靴を履いた背の高い男が女装したかくらいにしか思わなかった。

その後、居間でお茶を飲みながら、
じいちゃんとばあちゃんにさっきのことを話した。
「さっき、大きな女を見たよ。男が女装してたのかなあ」
と言っても「へぇ~」くらいしか言わなかったけど、
「垣根より背が高かった。帽子を被っていて『ぽぽぽ』とか変な声出してたし」
と言ったとたん、二人の動きが止ったんだよね。
いや、本当にぴたりと止った。

その後、「いつ見た」「どこで見た」「垣根よりどのくらい高かった」
と、じいちゃんが怒ったような顔で質問を浴びせてきた。
じいちゃんの気迫に押されながらもそれに答えると、
急に黙り込んで廊下にある電話まで行き、どこかに電話をかけだした。
引き戸が閉じられていたため、
何を話しているのかは良く分からなかった。
ばあちゃんは心なしか震えているように見えた。

じいちゃんは電話を終えたのか、戻ってくると、
「今日は泊まっていけ。いや、今日は帰すわけには行かなくなった」と言った。
――何かとんでもなく悪いことをしてしまったんだろうか。
と必死に考えたが、何も思い当たらない。
あの女だって、自分から見に行ったわけじゃなく、あちらから現れたわけだし。

そして、「ばあさん、後頼む。俺はKさんを迎えに行って来る」
と言い残し、軽トラックでどこかに出かけて行った。



910 名前:3/9[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 09:48:03 ID:VFtYjtRn0

ばあちゃんに恐る恐る尋ねてみると、
「八尺様に魅入られてしまったようだよ。じいちゃんが何とかしてくれる。
何にも心配しなくていいから」
と震えた声で言った。
それからばあちゃんは、じいちゃんが戻って来るまで
ぽつりぽつりと話してくれた。

この辺りには「八尺様」という厄介なものがいる。
八尺様は大きな女の姿をしている。
名前の通り八尺ほどの背丈があり、
「ぼぼぼぼ」と男のような声で変な笑い方をする。
人によって、喪服を着た若い女だったり、留袖の老婆だったり、
野良着姿の年増だったりと見え方が違うが、
女性で異常に背が高いことと頭に何か載せていること、
それに気味悪い笑い声は共通している。
昔、旅人に憑いて来たという噂もあるが、定かではない。
この地区(今は○市の一部であるが、昔は×村、
今で言う「大字」にあたる区分)に地蔵によって封印されていて、
よそへは行くことが無い。
八尺様に魅入られると、数日のうちに取り殺されてしまう。
最後に八尺様の被害が出たのは十五年ほど前。

これは後から聞いたことではあるが、
地蔵によって封印されているというのは、
八尺様がよそへ移動できる道というのは理由は分からないが限られていて、
その道の村境に地蔵を祀ったそうだ。
八尺様の移動を防ぐためだが、
それは東西南北の境界に全部で四ヶ所あるらしい。
もっとも、何でそんなものを留めておくことになったかというと、
周辺の村と何らかの協定があったらしい。
例えば水利権を優先するとか。
八尺様の被害は数年から十数年に一度くらいなので、
昔の人はそこそこ有利な協定を結べれば良しと思ったのだろうか。



911 名前:4/9[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 09:49:15 ID:VFtYjtRn0

そんなことを聞いても、全然リアルに思えなかった。
当然だよね。
そのうち、じいちゃんが一人の老婆を連れて戻ってきた。

「えらいことになったのう。今はこれを持ってなさい」
Kさんという老婆はそう言って、お札をくれた。
それから、じいちゃんと一緒に二階へ上がり、何やらやっていた。
ばあちゃんはそのまま一緒にいて、トイレに行くときも付いてきて、
トイレのドアを完全に閉めさせてくれなかった。
ここにきてはじめて、「なんだかヤバイんじゃ…」と思うようになってきた。

しばらくして二階に上がらされ、一室に入れられた。
そこは窓が全部新聞紙で目張りされ、その上にお札が貼られており、
四隅には盛塩が置かれていた。
また、木でできた箱状のものがあり(祭壇などと呼べるものではない)、
その上に小さな仏像が乗っていた。
あと、どこから持ってきたのか「おまる」が二つも用意されていた。
これで用を済ませろってことか・・・

「もうすぐ日が暮れる。いいか、明日の朝までここから出てはいかん。
俺もばあさんもな、お前を呼ぶこともなければ、お前に話しかけることもない。
そうだな、明日朝の七時になるまでは絶対ここから出るな。
七時になったらお前から出ろ。
家には連絡しておく」

と、じいちゃんが真顔で言うものだから、黙って頷く以外なかった。
「今言われたことは良く守りなさい。お札も肌身離さずな。
何かおきたら仏様の前でお願いしなさい」
とKさんにも言われた。



912 名前:5/9[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 09:50:22 ID:VFtYjtRn0

テレビは見てもいいと言われていたので点けたが、
見ていても上の空で気も紛れない。
部屋に閉じ込められるときにばあちゃんがくれたおにぎりやお菓子も
食べる気が全くおこらず、
放置したまま布団に包まってひたすらガクブルしていた。

そんな状態でもいつのまにか眠っていたようで、
目が覚めたときには、何だか忘れたが深夜番組が映っていて、
自分の時計を見たら、午前一時すぎだった。
(この頃は携帯を持ってなかった)

なんか嫌な時間に起きたなあなんて思っていると、
窓ガラスをコツコツと叩く音が聞こえた。
小石なんかをぶつけているんじゃなくて、
手で軽く叩くような音だったと思う。
風のせいでそんな音がでているのか、誰かが本当に叩いているのかは
判断がつかなかったが、必死に風のせいだ、と思い込もうとした。
落ち着こうとお茶を一口飲んだが、やっぱり怖くて、
テレビの音を大きくして無理やりテレビを見ていた。

そんなとき、じいちゃんの声が聞こえた。
「おーい、大丈夫か。怖けりゃ無理せんでいいぞ」
思わずドアに近づいたが、じいちゃんの言葉をすぐに思い出した。
また声がする。
「どうした、こっちに来てもええぞ」

じいちゃんの声に限りなく似ているけど、あれはじいちゃんの声じゃない。
どうしてか分からんけど、そんな気がして、
そしてそう思ったと同時に全身に鳥肌が立った。
ふと、隅の盛り塩を見ると、それは上のほうが黒く変色していた。



913 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 09:51:23 ID:VFtYjtRn0

一目散に仏像の前に座ると、
お札を握り締め「助けてください」と必死にお祈りをはじめた。

そのとき、

「ぽぽっぽ、ぽ、ぽぽ…」

あの声が聞こえ、窓ガラスがトントン、トントンと鳴り出した。
そこまで背が高くないことは分かっていたが、アレが下から手を伸ばして
窓ガラスを叩いている光景が浮かんで仕方が無かった。
もうできることは、仏像に祈ることだけだった。

とてつもなく長い一夜に感じたが、それでも朝は来るもので、
つけっぱなしのテレビがいつの間にか朝のニュースをやっていた。
画面隅に表示される時間は確か七時十三分となっていた。
ガラスを叩く音も、あの声も気づかないうちに止んでいた。
どうやら眠ってしまったか気を失ってしまったかしたらしい。
盛り塩はさらに黒く変色していた。

念のため、自分の時計を見たところはぼ同じ時刻だったので、
恐る恐るドアを開けると、
そこには心配そうな顔をしたばあちゃんとKさんがいた。
ばあちゃんが、よかった、よかったと涙を流してくれた。

下に降りると、親父も来ていた。
じいちゃんが外から顔を出して「早く車に乗れ」と促し、
庭に出てみると、どこから持ってきたのか、ワンボックスのバンが一台あった。
そして、庭に何人かの男たちがいた。



914 名前:7/9[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 09:52:24 ID:VFtYjtRn0

ワンボックスは九人乗りで、中列の真ん中に座らされ、助手席にKさんが座り、
庭にいた男たちもすべて乗り込んだ。
全部で九人が乗り込んでおり、八方すべてを囲まれた形になった。

「大変なことになったな。
気になるかもしれないが、これからは目を閉じて下を向いていろ。
俺たちには何も見えんが、お前には見えてしまうだろうからな。
いいと言うまで我慢して目を開けるなよ」
右隣に座った五十歳くらいのオジさんがそう言った。

そして、じいちゃんの運転する軽トラが先頭、次が自分が乗っているバン、
後に親父が運転する乗用車という車列で走り出した。
車列はかなりゆっくりとしたスピードで進んだ。
おそらく二十キロも出ていなかったんじゃあるまいか。

間もなくKさんが、「ここがふんばりどころだ」と呟くと、
何やら念仏のようなものを唱え始めた。

「ぽっぽぽ、ぽ、ぽっ、ぽぽぽ…」

またあの声が聞こえてきた。
Kさんからもらったお札を握り締め、言われたとおりに目を閉じ、
下を向いていたが、なぜか薄目をあけて外を少しだけ見てしまった。

目に入ったのは白っぽいワンピース。
それが車に合わせ移動していた。
あの大股で付いてきているのか。
頭はウインドウの外にあって見えない。
しかし、車内を覗き込もうとしたのか、頭を下げる仕草を始めた。

無意識に「ヒッ」と声を出す。
「見るな」と隣が声を荒げる。

慌てて目をぎゅっとつぶり、さらに強くお札を握り締めた。



915 名前:8/9[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 09:53:50 ID:VFtYjtRn0

コツ、コツ、コツ
ガラスを叩く音が始まる。

周りに乗っている人も短く「エッ」とか「ンン」とか声を出す。
アレは見えなくても、声は聞こえなくても、音は聞こえてしまうようだ。
Kさんの念仏に力が入る。

やがて、声と音が途切れたと思ったとき、
Kさんが「うまく抜けた」と声をあげた。
それまで黙っていた周りを囲む男たちも「よかったなあ」と安堵の声を出した。

やがて車は道の広い所で止り、親父の車に移された。
親父とじいちゃんが他の男たちに頭を下げているとき、
Kさんが「お札を見せてみろ」と近寄ってきた。
無意識にまだ握り締めていたお札を見ると、全体が黒っぽくなっていた。
Kさんは「もう大丈夫だと思うがな、
念のためしばらくの間はこれを持っていなさい」と新しいお札をくれた。

その後は親父と二人で自宅へ戻った。
バイクは後日じいちゃんと近所の人が届けてくれた。
親父も八尺様のことは知っていたようで、
子供の頃、友達のひとりが魅入られて命を落としたということを話してくれた。
魅入られたため、他の土地に移った人も知っているという。

バンに乗った男たちは、すべてじいちゃんの一族に関係がある人で、
つまりは極々薄いながらも自分と血縁関係にある人たちだそうだ。
前を走ったじいちゃん、後ろを走った親父も当然血のつながりはあるわけで、
少しでも八尺様の目をごまかそうと、あのようなことをしたという。
親父の兄弟(伯父)は一晩でこちらに来られなかったため、
血縁は薄くてもすぐに集まる人に来てもらったようだ。



916 名前:9/9[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 09:54:54 ID:VFtYjtRn0

それでも流石に七人もの男が今の今、というわけにはいかなく、
また夜より昼のほうが安全と思われたため、
一晩部屋に閉じ込められたのである。
道中、最悪ならじいちゃんか親父が身代わりになる覚悟だったとか。

そして、先に書いたようなことを説明され、
もうあそこには行かないようにと念を押された。

家に戻ってから、じいちゃんと電話で話したとき、
あの夜に声をかけたかと聞いたが、そんなことはしていないと断言された。
――やっぱりあれは…
と思ったら、改めて背筋が寒くなった。

八尺様の被害には成人前の若い人間、
それも子供が遭うことが多いということだ。
まだ子供や若年の人間が極度の不安な状態にあるとき、
身内の声であのようなことを言われれば、つい心を許してしまうのだろう。

それから十年経って、あのことも忘れがちになったとき、
洒落にならない後日談ができてしまった。

「八尺様を封じている地蔵様が誰かに壊されてしまった。
それもお前の家に通じる道のものがな」

と、ばあちゃんから電話があった。
(じいちゃんは二年前に亡くなっていて、
当然ながら葬式にも行かせてもらえなかった。
じいちゃんも起き上がれなくなってからは絶対来させるなと言っていたという)

今となっては迷信だろうと自分に言い聞かせつつも、
かなり心配な自分がいる。
「ぽぽぽ…」という、あの声が聞こえてきたらと思うと…


925 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 11:59:22 ID:dlo1UABw0
>>908
すごく面白かった。
実話ならかなり怖いね。


926 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 12:00:42 ID:Gs+3t3AgO
>>910
九州沿岸に生息すると言われる磯女という妖怪に似ているな。
護岸工事で磯に住めなくなって陸に上がってきたのだろうか。
現代風にワンピース着るとかオシャレには気を使ってるんだな。
御守り黒くなるとか強烈にやばい存在みたいだが、封印壊れちゃったのかな?



929 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/08/26(火) 12:49:56 ID:1/9/PTvqO
>>908
最初、ポポポって鼠先輩かよwと吹きそうになったが、
読み進めると背筋が冷たくなった。
封印が解かれたというが、その後大丈夫なんだろうか?



992 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/08/28(木) 08:30:40 ID:UOOoTgaV0
>>908乙
このスレで一番怖かったわ。

封印の地蔵が壊れたってことは
八尺様が全国どこにでも現れる可能性が出たということと
魅入られたら逃げることが出来なくなったということだよな…。

成人前の若い人間は気をつけろよ。
事件、怪談、笑い話のどちらにも転びそうだな。



997 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/08/28(木) 13:01:13 ID:Z0bHszwRO
>>1000なら
八尺様はねずみ先輩



998 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/08/28(木) 13:08:32 ID:NWwUeV/w0
>>1000なら
八尺様は既に寺生まれのTさんにより撃破済み



1000 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/08/28(木) 13:21:57 ID:adxedC8g0
>>1000なら、寺生まれがまた大活躍

豚カツの食えない生活なんて!俺はいすらむをやめるぞー!


962 名無し物書き@推敲中? 2007/07/18(水) 20:40:50

「豚カツの食えない生活なんて!
俺はいすらむをやめるぞ(俺)ー!」
と叫んで出て行ったトルコ人がさっき泣きながら帰ってきた。
神道に改宗しようとして神社に行ったら、
神主さんに徳のあるお話をしてもらったらしい。

「日本の神様はよその神様も他国のお友達みたいに思ってるから、
改宗とかカリカリしなくて大丈夫だよ、ゆっくり考えておいで」(意訳)
みたいなことを言われて感動したとか。
俺の部屋の神棚(簡易セット)にイスラム式お祈りを捧げている。

確かにやおよろずの神だからいいのかもしれんが、
それを神主さんが言っちゃっていいのだろうか。
そして一神教が感動しちゃっていいのだろうか。
ちょっと面白い。



399 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2008/09/19(金) 23:32:36 ID:JawcalVp0
ジョジョオタのトルコ人だとッ!?

ガラパゴスゾウガメの由来って知ってる?

513 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/09/08(月) 11:35:16 ID:ICNbp4gk
ガラパゴス諸島にいるからガラパゴスゾウガメ
ではなく
ガラパゴスゾウガメがいるからガラパゴス諸島
だったこと。



516 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/09/08(月) 12:13:39 ID:a7sIr6+6
>>513
じゃあガラパゴスゾウガメは
なんでガラパゴスゾウガメっていうんだろう



517 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/09/08(月) 12:23:27 ID:6MLsF/po
>>516
ぐぐってみたら、
ゾウガメの事をスペイン語でガラパゴスと言うそうな

膣内にイヤホン突っ込んでドナドナを流す痴漢漫画

581 名無したん(;´Д`)ハァハァ sage 2008/06/14(土) 13:52:50 ID:3GTHdyP1
膣内にイヤホン突っ込んで
男「どうだい?中でドナドナを流される気分は」
女(ああ…流されてる…私の膣内で…ドナドナ…)

みたいなシチュの痴漢漫画希望



582 名無したん(;´Д`)ハァハァ sage 2008/06/14(土) 14:16:41 ID:Dv598JJt
おいだれか病院連れて行け



583 名無したん(;´Д`)ハァハァ sage 2008/06/14(土) 16:05:12 ID:OjkZcxC7

  三           三三
      /;:"ゝ  三三  f;:二iュ  どうしてこんなになるまで放置したんだ!
三   _ゞ::.ニ!    ,..'´ ̄`ヽノン
    /.;: .:}^(     <;:::::i:::::::.::: :}:}  三三
  〈::::.´ .:;.へに)二/.::i :::::::,.イ ト ヽ__
  ,へ;:ヾ-、ll__/.:::::、:::::f=ー'==、`ー-="⌒ヽ ←ID:3GTHdyP1
. 〈::ミ/;;;iー゙ii====|:::::::.` Y ̄ ̄ ̄,.シ'=llー一'";;;ド'
  };;;};;;;;! ̄ll ̄ ̄|:::::::::.ヽ\-‐'"´ ̄ ̄ll

何もすることがない日には主に勃起している。

396 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/09/08(月) 20:39:17 ID:3tF9Vfaf0
邪気眼スレにて

 494 名前: 水先案名無い人 [sage] 投稿日: 2008/09/08(月) 06:55:25
 ID:FuX33Cba0
 何もすることがない日には主に勃起している。
 部屋の真ん中で座禅を組み、目を閉じて集中し、
 おもむろに一物を立ち上げる。
 最初のうちは、エロ本や写真集などいわばおかずになるようなものが
 必要だったが
 そのうちに想像だけでもよくなり、
 今では勃起しろと念じるだけで勃起するようになった。
 オナニーはしない。
 射精するとしばらくは勃起できなくなるからだ。
 ただひたすらに弾けないよう萎れないよう加減して勃起する。
 今ではほぼ一日勃起を持続できるようになった。
 もうすぐだ。
 このまま自由自在に勃起できるようになった時、俺は宇宙を見るだろう。


397 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/09/08(月) 20:46:39 ID:1iKUHumO0
>>396
そういうヨガがあるんだが、
こいつは自力でその域に到達する気なのか・・・

任天堂の横井さん

244 名前:名無しさん必死だな 投稿日:2005/06/28(火) 20:32:15 QAjiWf96

93年だったか94年だかに弟が小3の時に車に跳ねられて
乗ってた自転車の カゴからGBが転げ落ちて、
アスファルトで削られボロボロになったんだよ。
弟が病室でボロボロになったGB見て泣きながら電源入れたんだよ。
カチッ・・・ピコーン。
それでも起動すんのな、GB。

それを修理に任天堂に送って数日後、
任天堂の人から電話があったらしいのな。
「あまりにも凄い事になってるから、原因を聞きたい」とかなんとか。
母が「息子が事故にあって」って言うと修理費はいらんと。
結局こっちが負担したのは送る時だけの送料だった訳だよ。

その時は「すげーなー」位の感想だったんだが、
就職して社会とか 商売ってのが少しずつ判りだしてから、
子供相手の商売ってこう言う事 なんだなと思った。
どこぞの偉いさんは、お子ちゃま向けと言ったが
子供相手に商売するって事は、
子供の後ろにいる親に商売するって事なんだよ。

この一件で一番驚いたのはメモに直筆で
「○○君へ、車には気をつけてね。横井」とあった事なんだよ、
もしあの横井さんならなんて皮肉なんだろうと思う。

『1000まで行ってはならないスレ』を怖くなくしてみた

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(愛知県)[] 投稿日:2008/09/13(土) 21:05:40.40 ID:g8jqvHO50


……などと、軽い煽りを楽しんでいたときのことだった。
そうとも、ここは2ちゃん。匿名で毒を吐くのも自由のはず。
しかしそのすぐ後に起こった出来事によって、
俺は自分の考えが甘かったことを思い知らされた。

「ん? 何だ?」

突然、何の操作もしていないのにスレッドが開いた。
タイトルは空白。
下を読んで行くと、
ただひたすら意味の無い文字や記号の羅列が大量に並んでいる。
それも、延々とどこまでもだ。
ブラウザは勝手にリロードを繰り返し、
物凄い勢いで不気味な新着レスが増えていく。
ウィルス? ブラクラ? だがこんな例は聞いたことも無い。

レスが700を越えた頃、俺の脳内で何かが警鐘を鳴らし始めた。
これはヤバイ。
単なるPCやネットの異常などではない。
もっと別の、何か……
次の瞬間、モニターを見た俺はそのまま凍りついた。
初めて、まともな文字の書き込みが現れたのだ。



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(愛知県)[] 投稿日:2008/09/13(土) 21:06:19.91 ID:g8jqvHO50

 991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:01
 オ

 992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:01
 マ

 993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:01
 エ

 994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02
 ヲ

背中と顔中から冷たい汗が吹き出した。
いけない。
このままこのスレを1000まで行かせては、恐ろしいことになる。
俺はそう直感していた。
しかし、読み込みは止まる気配は無い。



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(愛知県)[] 投稿日:2008/09/13(土) 21:07:02.59 ID:g8jqvHO50

 995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02
 コ

 996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02
 ロ

 997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02
 シ

だめだ。
俺は思わず目をつぶった。

…………。

ハードディスクがガリガリと音を立てた。俺はゆっくりと目を開け、モニターを見てみた。



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(愛知県)[] 投稿日:2008/09/13(土) 21:07:31.06 ID:g8jqvHO50
 998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02
 テ

 999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/29 11:02
 ヤ

 1000 :山崎渉 :03/08/29 11:03
 破ぁ!!!

 1001 名前:1001投稿日:Over 1000 Thread
 このスレッドは1000を超えました。
 もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(沖縄県)[] 投稿日:2008/09/13(土) 21:09:43.17 ID:SqXX5FSU0
>>11
なまえちげぇwwwwwww



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越)[] 投稿日:2008/09/13(土) 21:11:05.85 ID:j5EBnTutO
すてきすぎる



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[] 投稿日:2008/09/13(土) 21:13:19.74 ID:OHaYbnygO
ワロタwwwww

新ジャンル「ツンデレなDQN」

105 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:2008/09/22(月) 14:43:26 ID:oDdIDLhr

今日、走ってくる自転車の前に
ふらふらと飛び出したおばあちゃんがいた。
ティッシュ配りのバイト中だった私がそれに気付いて
危ない!と思った瞬間には
自転車の兄ちゃんが急ブレーキかけつつ
「危ねーだろがババア!」
と怒鳴ってた。

確かに完全にそのおばあちゃんの不注意でのことだったんだけど、
でもそんなキツイ言い方しなくても…
と、思わず2人の間に割って入ろうとした。

んだけど、私が
ちょっと…
って言いかけたその時にその兄ちゃんは
「おめぇーが死んだら孫とかじじいとか悲しむだろが!!」
と。
あまりにも予想外だったその言葉に、私含め周囲は思わずポカーン。

で、謝るおばあちゃんにその兄ちゃんは更に
「うるせーないいから荷物かせ!カゴ入れてってやっから貸せ!
つーかケガねぇのかよババア!ああ!?」
と、脅してんのか気遣ってんのかわかんない発言。

結局その兄ちゃんはおばあちゃんに付き添って
来た道を引き返していった。
カゴにはおばあちゃんの荷物。
ティッシュ配りながら2人をコッソリ見送ってたんだけど、
おばあちゃんと兄ちゃんは何か色々喋ってるみたいで
おばあちゃんも笑顔だった。

20分ぐらいしてから
再度自転車で戻って来たその兄ちゃんにティッシュ渡しながら
「優しいですね」
って言ったら、
「別に優しくねーよ!」
とちょっと怒ったみたいに言われた。
でもその後で小声で
「ババアやジジイを大事にすんのは別に優しいとかじゃなくて
普通のことだろがよ」
と言ってるのもちゃんと聞こえた。

しかもちょっと顔が赤かった。

誰でもわかるスタバオーダー基礎知識

577 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2008/09/23(火) 09:37:25 ID:Yz3ua4nU0

誰でもわかるスタバオーダー基礎知識

1.ホットかアイスかを決める
2.ショート、トールサイズのエスプレッソのショットを決める(1ショット、ダブル)
3.サイズを決める(グランデ、トール、ショート)
4.シロップのトッピング(バニラ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、キャラメル)
5.ミルクの種類を決める(無脂肪乳、低脂肪乳)
6.水やミルクの量、温度も注文可(多い、少ない、熱い、温い)
7.コーヒー名(通は最後にコーヒー名を注文する)

つまり、トールサイズのアイススターバックスラテに、
エスプレッソツーショットに、ヘーゼルナッツシロップを2杯加え、
牛乳の泡を多めに変えたい場合は、

「アイス、ダブル、トール、ダブルヘーゼルナッツ、エクストラフォーミー、ラテ」

と注文すればいいわけです
ね、簡単でしょ?

「おじさんのバナナもたべてみんか?」 と言ってた酔っ払い親父がいた。

9 名無しさん@3周年 2008/03/31(月) 22:21:23 0
夜のファミレスで若い女性店員に
「おじさんのバナナもたべてみんか?」
と言ってた酔っ払い親父がいた。

おもわず
「むかなきゃ、食べられないんですか?」
と言ってしまったら
別の客がコーヒーを噴き出した。

私が冷蔵庫を開けると、誰かの生首が入っていました。

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(愛知県)[] 投稿日:2008/09/13(土) 20:51:05.16 ID:g8jqvHO50

私が牛乳を飲もうと冷蔵庫を開けると、誰かの生首が入っていました。
私はビックリして、思わず冷蔵庫のドアを閉めてしまいました。

きっと今のは何かの見間違いであろうと思い直し、再び冷蔵庫を開けると、
なんとそこには誰かの生首が白目を向いていたのです。

私は思わずドアを閉めましたが、きっと疲れていて見えもしないものを
見てしまったのだと思い直し、覚悟を決めて、改めて冷蔵庫を開けました。
するとそこには、何者かの生首が白目を向いて、
ほのかにほくそ笑んでいるのです。

私はビックリして、冷蔵庫のドアを閉めましたが、
きっと幻覚を見たに違いない、最近あまり寝てないから、
見えもしないものが見えてしまったのだと思い直し、冷蔵庫を開けました。
するとそこには、白目を向いた生首が入っていたのです。

驚いた私は、気がつけば冷蔵庫の扉を閉めていましたが、
気のせいだと思い直し、再びドアを開けると、
やっぱり白目を向いた生首が、ほのかに笑っているのです。

思わず扉を閉めてしまいましたが、きっと幻覚に違いありません。
最近寝てなかったから。と、思い直し冷蔵庫を開けると、
やっぱり誰かの生首が入っているのです。

思わず冷蔵庫を閉めた私でしたが、これは何かの間違いに違いない。
疲れているから見えもしない物が見えたのだと思い直し、
冷蔵庫を開けると、そこにはなんと白目を向いた生首が……、

うわっと思い冷蔵庫を閉めましたが、きっと疲れのせいで幻覚を見たに
違いないと自分に言い聞かせ、再び冷蔵庫を開けると、
なんと誰かの生首が白目を向きながら笑っているのです。

思わず冷蔵庫の扉を閉めましたが、きっと気のせいで、
何かと見間違えをしたのだと自分に言い聞かせ、扉を開け直すと、
なんとそこには、何者かの生首が白目を向いて笑っていたのです。

「さがってろ!!!」
とっさに後ろから聞こえた声の方を向くと
そこには寺生まれで霊感の強いTさんが!

するとTさんは冷蔵庫の中の生首に向かって「破ぁ!!!」と叫ぶと
生首はおいしそうなケンタッキーフライドチキンに変わってしまった!!!

「おそらく遠まわしに何かの恨みがあったんだろう、気をつけるこったな」
Tさんははにかみながら
「食べたくなるなるケンタッキー」とだけ残して帰っていった
寺生まれってスゴイ、改めてそう思った




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(コネチカット州)[age] 投稿日:2008/09/13(土) 21:05:45.87 ID:fL2uQvrJO
>>4
腹減ってきた



749 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(関東・甲信越)[] 投稿日:2008/09/15(月) 10:57:25.58 ID:kRAuNBEvO
>>4
クソワロタwwwwwwwwww

私がホテル勤めをしていた頃の話。

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(熊本県) 2008/09/10(水) 23:55:57.67 ID:Hr5i+tg80
私がホテル勤めをしていた頃の話。

ある披露宴、新郎が海自の方でした。
同僚上司達は制服で出席。
披露宴も御披楽喜に近づき、新郎のおじいさんの挨拶がありました。
一通りの祝いの言葉の後に、 自分が海軍にいた事。
孫が艦に乗っている事を誇りに思う事。
自分達の世代の不甲斐なさのせいで
今の海上勤務の方達には苦労を掛けていると思う事。
たとたどしくですが話されました。

同僚達は知らなかったらしく酔っ払っていたのが、
段々背筋が伸びていき 神妙に聞き入っていました。
挨拶が終わり高砂の席の一人が「何に乗っておられたのだ」と尋ねると、
新郎は小声で「大和です」 。

それを聞いた海自組一同すっ転ぶような勢いで立ち上がり
直立不動で敬礼を送りました。
おじいさんも見事な答礼を返されました。

私はその後は仕事になりませんでした。
ウェイトレスの女の子達は不思議そうな顔をしておりましたが。

我が家は両親共働きで、父親がお弁当作り担当だった

820 名前:なごみ[sage] 投稿日:2008/06/06(金) 20:34:06 ID:zL1enBGq0

我が家は両親共働きで、父親がお弁当作り担当
ずっとそうだったんで余所の家でもそれが普通だと思っていたんだが
何かそうでもないらしいので、
父さんに「どうしてうちは父さんがお弁当担当なの?そういうの珍しいってさ」
と聞いてみた。
その時の父親の反応↓

( ゚д゚ )<母さんは料理がド下手だからな!
     ○○だって、父さんが作ったやつのが美味いと思うだろ!

( ゚д゚ )<昔っから母さんは料理下手でな~
     (以下恋人時代の思い出を30分ほど)

( ゚д゚ )<そんな訳でこれからも弁当は父さんが担当だ!
     共働きだし父さん仕方無く作ってるんだぞ!
     本当は面倒くさいし嫌なんだ!

( *゚д゚* )<別に深い意味はないんだからな!
      …母さんも俺の料理好きって言ってたしな


正直こいつはとんだツンデレだと思った
これからはもう少し真面目に家事を手伝おう…

有名な『電気をつけなくてよかったな』を怖くなくしてみた

656 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/07/10(木) 02:54:38 ID:78IMYdRh0
私は先輩の家で、3人で飲んでいた。
1人は日が変わる前に帰ったのだが、私と先輩はやけに盛り上がってしまい、
結局、気がついたら私は眠ってしまっていた。
目を覚ますと真っ暗で、飲みすぎたな、と思うと同時に、
先輩もいつの間にか酔いつぶれて眠ってしまっていたことに気付いた。
先輩を起こすのも悪いと思ったので、電気をつけずにそのまま帰った。

次の日、先輩の家の近くを通り過ぎようとしたところ、人だかりがあった。
驚いたことに、昨日の晩、先輩が殺害されていたというのだ。
そんなバカな、と思った私は、詳しい話を警察の人に聞こうとした。
私が昨夜この家にいた、ということを話すと、
二人の警察官は顔を見合わせ、私にこういった。

「実は、我々が先ほど現場を調べていましたら、
とある紙を発見したのですが、心あたりはおありですかな」
そこにはこう書かれていたのである。

『電気をつけなくてよかったな』

「どうですかね・・・?」

「まず、文字数に注目する。13文字だ。これでまず、不吉を暗示している。
次に『な』が重複しているから、
『な』を一つのものとして扱い、全体を12文字とし、文を3つに区切る。
『電気をつ』『けなくて』『よかった』となる。
ここで、唯一の漢字部を含む『電気をつ』を省き、
純粋なひらがなに着目するのだ。
『けなくて』『よかった』
この単語の文字を文節ごとに、
3時の方向を起点に反時計回りで50音表を参考に、一文字ずらす。
方向は3時が起点だから、最初の文字を3時とし、短針の方向、
つまり『け』を右に、『な』を上に、『く』を左に、『て』を下にずらす。
『な』は『の』に戻ると考えれば、『えのすと』という単語。
同じように『もこぬち』という単語が生まれるはずだ。
これらはアナグラムで、『のすと こえ もちぬ』という
ワードが浮かび上がってくる・・・。
『ノスト 声 持ちぬ』 ノストが声を持ったということだ。
最初の『13』という不吉を暗示する数字も考えれば、
嫌でも分かるだろう・・・

つまり!
これはノストラダムスの人類滅亡の予言が、
ついに成就するという警告だったんだよ!」


結婚の報告


4 名前:仕様書無しさん[sage] 投稿日:2008/07/31(木) 21:40:00

Aは結婚の報告をするために上司に会いに行く途中,
同僚のBに会った。
B「ようA、どこ行くの?」
A「今度結婚することになったんで、上司に報告しようと思ってさ」
B「マジ?俺も今度結婚するんだ。
俺も今報告に行こうと思ってたんだよ。じゃ一緒に行こうか」
AとB「失礼します」
上司「おう!!どうした二人そろって?」


AとB「実は今度・・・僕たち結婚します」


犬「眠るの!?僕、眠るの!?ねぇ!今!ここで眠る!?」

2 名前: 哥倫比亜広播公司(東京都)[] 投稿日:2008/08/11(月) 03:42:26.30 ID:aTIVIvTz0

犬   「眠るの!?僕、眠るの!?ねぇ!今!ここで眠る!?」
飼い主「あぁ、眠るよ」
犬   「本当!?大丈夫なの!?ただ疲れただけじゃない!?」
飼い主「あぁ、15年も生きたから大丈夫だよ」
犬   「そうかぁ!僕犬だから!犬だから歳わかんないから!」
飼い主「そうだね。わからないね」
犬   「うん!でも15年も生きたんだ!そうなんだぁ!
     じゃぁ眠っていいんだよね!」
飼い主「そうだよ。いいんだよ」
犬   「よかったぁ!じゃぁ眠ろうね!穏やかに眠ろう!」
飼い主「うん、眠ろうね」
犬   「あぁ!15歳だから大往生だね!ね、ご主人様!」
飼い主「うん。静かに眠っていいよ」
犬   「あぁーご主人様は今ぼろぼろ泣いているよー!
     笑って見送って欲しいよー!今までありがとねぇー!」

気温が・・・℃の時、フィンランド人はどんなふうにふるまうか

809 名無しさんの野望 :2007/09/06(木) 16:17:20 ID:3YdZCk+R

「気温が・・・℃の時、フィンランド人はどんなふうにふるまうか、
そのとき他国では何が起きているか」

+15℃。
スペイン人は毛糸の帽子をかぶり、手袋とコートを着用。
フィンランド人は日光浴をする。

+10℃。
フランス人は集中暖房をつけようとむなしい努力をする。
フィンランド人は花壇に花を植える。

+5℃。
イタリアでは車のエンジンがかからなくなる。
フィンランド人はオープンカーでドライブする。

  0℃。
蒸留水が凍る。
フィンランドのヴァンターヨキ川の水は、ほんの少し凝固する。

-5℃。
カリフォルニアでは住民が凍死寸前。
フィンランド人は庭で、夏の最後のソーセージをグリルする。

-10℃。
イギリスでは暖房を使い始める。
フィンランド人はシャツを長袖にする。

-20℃。
オーストラリア人はマヨルカ島から逃げ出す。
フィンランド人は夏至祭りをおしまいにする。秋の到来である。

-30℃。
ギリシャ人は寒さで死亡。
フィンランド人は、洗濯物を屋内に干し始める。

-40℃。
パリは凍えてガチガチ音を立てる。
フィンランド人は屋台に行列する。

-50℃。
シロクマが北極から退避しはじめる。
フィンランド軍は、本格的な冬の到来までサバイバル技術の訓練を延期する。

-60℃。
コルヴァトゥントゥリが凍結。
フィンランド人はビデオを借りて家の中で過ごすことにする。
(コルヴァトゥントゥリはフィンランド北部・ラップランドにある山で
サンタクロースが住むとされる)

-70℃。
サンタクロースが南方へ引っ越す。
フィンランド人は、コスケンコルヴァを屋外に保管しておけなくなり、
いらいらする。フィンランド軍がサバイバルの訓練を開始。
(コスケンコルヴァはフィンランドの蒸留酒でアルコール度数が非常に高い。
通常、飲む前にビンごと冷凍庫に入れて冷やす)

-183℃。
食品の微生物が死滅。
フィンランドの牛は、乳しぼりに来る人間の手が冷たいと文句を言う。

-273℃。
絶対零度。あらゆる原子の運動が停止。
フィンランド人は「くそっ、今日はずいぶん寒いじゃないか」と言い始める。

-300℃。
地獄が凍結。
フィンランドがユーロヴィジョンで優勝する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。