2009年04月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2009/04/30 【鬱展開注意】自分のバイト歴を聞いてくれないか【VIPまとめ】
  3. 2009/04/30 死期を知らせるねこ
  4. 2009/04/29 DVの男から離れられない女って多いだろ? だから考えたんだよ、DVカフェ
  5. 2009/04/29 やっぱり幽霊より人間のほうが怖いよね・・・
  6. 2009/04/29 俺が小学校5年生のとき、 寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになった
  7. 2009/04/28 経営者と労働者、政府と国民の関係がよくわかるコピペ
  8. 2009/04/28 「クレバスに消えた女性隊員」
  9. 2009/04/28 『オレ、柔道やってるからw』
  10. 2009/04/27 【じわじわ怖いコピペ】久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す
  11. 2009/04/27 なんで、これだけ殺虫剤が進化しているのにゴキブリは絶滅しないんだと思う?
  12. 2009/04/27 ボランティアに行った保育園で社会的に抹殺されるとこでした。
  13. 2009/04/26 我々がアメリカンドッグに学ぶことは多い
  14. 2009/04/26 新ジャンル「おばあちゃんを心配するDQN」
  15. 2009/04/26 留学してた時に背の高い黒人にーちゃんが・・・
  16. 2009/04/25 「お母さん、なんで結婚式の時花嫁さんは真っ白な服を着るの?」
  17. 2009/04/25 前に伊集院のラジオ企画でいろんな人にインタビューしようってのがあった
  18. 2009/04/25 米「ヘンナガイジンデゴメンネー!ヘンナガイジンデゴメンネー!」
  19. 2009/04/24 母が逝った・・・ホントあっと言う間だった。
  20. 2009/04/24 私の小学校は、いわゆる「校内掃除」が放課後にある所でした。
  21. 2009/04/24 どうしてパパと結婚したの?
  22. 2009/04/23 【叙述スレより】学校の正門前にパンと文房具と駄菓子を扱う小さな店があった。
  23. 2009/04/23 姉の部屋に全裸で入るのは本当に簡単なのか?
  24. 2009/04/23 旅客機や戦闘機の風防に向かって、 死んだ鶏を高速でさせたらどうなるの?
  25. 2009/04/22 産まれたばかりの赤ちゃんと一緒の写真を印刷した年賀状が・・・
  26. 2009/04/22 俺、死ぬ前に小学生の頃を一日でいいから、またやってみたい
  27. 2009/04/22 よもぎって中毒性ないよな?大丈夫だよな?
  28. 2009/04/22 夜中にふいに目が覚めると、父が覗き込んでいて、いきなり泣き出した。
  29. 2009/04/21 去年の11月の初めころから、家の中にちょくちょく生肉が落ちている。
  30. 2009/04/21 お母さん「お昼ご飯何食べたい?」
  31. 2009/04/21 一家に一台先輩がいれば、防犯対策はバッチリですね
PREV→

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【鬱展開注意】自分のバイト歴を聞いてくれないか【VIPまとめ】

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/04/27(月) 09:39:20.29 ID:4+poirQL0
たいした事じゃないんだが


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/04/27(月) 09:41:56.43 ID:4+poirQL0

ごめん、メモ帳に書いてから上げればよかったんだけど頭回らなかった。
ゆっくりだけどごめん。
中学時代、昔からバイトをしたくてしょうがなかった。
最初のバイトは近所ラーメン屋だった。
中2のころで中二病真っ盛りでほかの人と違う事がしたかったんだと思う。


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/04/27(月) 09:44:08.98 ID:4+poirQL0

チェーン店だけどそこの店自体は小さくて
大体高校生~20代前半ぐらいの人で構成されてたのね。
今思えばまともに働いたのがこのラーメン屋だけだった。
面接は高校二年ですと嘘ついてなんとかやりにげれた。
中学校終わったあと急いで家に帰って、服装も高校生っぽくしてから向かった
週6とかで働いてたかな。


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/04/27(月) 09:47:04.68 ID:4+poirQL0

これが結構楽しかった。
だって今まで客でしかなかったのを我が物顔で店の中ばたばたできて
ちなみにまかないもあって1回行けば好きなラーメンをご馳走させてもらってた。
そんな時店長に告白された。
年の差約15歳強。
目がマジで、怖かったけどバイト時間以外にばれる事を恐れて断った。
そうしたらバイト日時が週6から週2ほどに激減された。


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/04/27(月) 09:48:44.96 ID:rdpf83FeO
いきなり超展開ワロタ



スポンサーサイト

死期を知らせるねこ

122 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/02(月) 23:28:42 ID:pNjf/Sk00
オカ板初めてきたんで人生で1回だけ体験した心霊?話おいていきますね

とりあえず俺の住んでる所ってのがすごい田舎。
数年前ローソンとか出来たけど周りは山に囲まれてるし
季節になると山葡萄とか秋には柿が庭で取れる、そんなレベル。

自動車の本道脇は全部あぜ道で、
そこいらに広がる畑やら田んぼのど真ん中に俺んちはある。
結構庭も広くて縁側は日の光が良い感じに差し込んできて
春先とかは最高に気持ちが良い。

暖かくなるとおばあちゃんがそこに座って
いっつも茶菓子やら煮干しをお茶と一緒に食べるのがデフォだった。

そいでいつから来だしたのか分からないのだけれど、庭によく猫がやってきてた。
1匹とかじゃなく何種類も。ブチだったり三毛だったり。
おばあちゃんが日向ぼっこをしている時に餌をやってんの。
そんな風景を俺は当たり前だと思っていたし、家族も猫を追っ払うでもなく
かといって飼い猫みたいに首輪をつける事も無く、
何となく「トラ」だの「ブッチさん」だの名前をつけてはそれを眺めてた。

高校を出た俺は頭も良くなかったし、
地元の食品会社に勤めることになった。
家から車でホント5~6分の距離で職場環境も良かった。

うちの職場では鰹節の粉カスみたいなのが毎日沢山出る。
ある日俺がその粉カスを持って帰るとおばあちゃんがめちゃ喜んで
「猫は鰹節がすきやからなぁ、きっと喜ぶわぁ」ってその鰹粉を受け取った。
次の日から小さな陶器の器におばあちゃんが鰹粉を入れて
猫たちにやるようになった。

気がつけばもうおばあちゃんはもう80を過ぎていて、
昔は自転車に乗って買い物をしにいったり
老人会の集いみたいなのに出かけていたのに、
いつのまにかそれをしなくなっていた。
毎日顔を合せているから分からなかったが、
よく見れば頬は扱け手には血管が浮いていた。

それでもおばあちゃんは毎日猫たちに餌をやり続けた。
おばあちゃんが疲れて布団から出てこないときは俺や母が餌をやった。


123 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/02(月) 23:32:26 ID:pNjf/Sk00
一昨年の夏、俺が職場のゴミ出しに外へ出ると
おばちゃんが「クロ」と呼んでいた猫がゴミ置き場にいた。
地面に寝転がるのが本当に好きで、
よく餌を食べるなんだかだらしのない印象の猫だった。
いつも面倒くさそうな顔をしていたけれど、どこか憎めない奴だ。
俺は心の中で(ああ、この生ゴミの臭いに釣られたな)と思い少しニヤついた。
いつも家で見ているクロを職場で見るのは何だか新鮮で少し嬉しかったのだ。

クロは俺を見据えたままトコトコこっちへやってきて
ゴミ袋を持った俺の1メートル手前で背筋を伸ばしビシッと座った。
いつもだったら足元に擦り寄ってきて餌をおねだりをするクロが
まるで敬礼しているみたいに前足や耳をピンと張らせ自分を見ている。

そんなクロを今までに見た事が無かった。
鳴きもせず喉を鳴らす事もせず只ひたすらに彼は俺の目を見つめたのだ。

彼が伝えようとした意味はそんなに難しい事じゃなかった。
受け入れたくない類の、けどいつかはやって来る事だった。

大人になって初めて泣いた。


124 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/02(月) 23:34:03 ID:pNjf/Sk00
ゴム手袋をはずして目頭を押さえても涙はどんどん出てきて
嗚咽みたいな声としゃっくりが止まらなかった。
滲んだ視界にクロがぼやけて映って、それでもまだちゃんと
俺に何かを伝えようとしてくれていた。

「わがっだ、わがっだがら」
俺はぐしぐし言いながらクロにそう言った。
胸が締め付けられて息が出来ない。
置物みたいに動かないクロの顔は凛としているのにも関わらず
何故だかすごく無理をしているみたいで、
俺はそれがたまらなく悲しい事のように感じた。


ゴミ捨て場で泣いている俺を上司が見つけて
それでも涙が止まらない俺は
「すいません、すいません」としか言えなかった。
上司に付き添われながら戻る時、
ゴミ捨て場のほうを見るとクロはもうそこには居なかった。


会社に電話が掛かってきて「祖母が死んだ」という知らせを聞かされたのは
すぐ後のことだった。



今でも俺んちは暖かい日に猫が来てひなたぼっこをしたり、
母に餌をねだったりしている。
俺はまだ見た事がないのだけれど、
クロが時折背筋を伸ばし縁側を見るのだそうだ。
そうした時我が家では、座布団とお茶とお菓子を縁側に置くようにしている。


DVの男から離れられない女って多いだろ? だから考えたんだよ、DVカフェ

35 名前: 名無しさん@恐縮です 投稿日: 2009/03/26(木) 11:43:56 ID:Vff6545y0
DVの男から離れられない女って多いだろ?
だから考えたんだよ、DVカフェ

俺「おら、熱いコーヒーだ」
客「え、まだ注文してn・・・」
俺「黙って飲め、この売女!」
客「酷い!他のお客にも聞こえる声で」
俺「いいから人が出したもんをさっさと飲みやがれ」
客「いや、やめてっ。熱い!あつい!ほんとに熱い!しかもブラック!」

と、まあ酷いことをするが、客がレジに行く前に抱きしめて
「ごめんな。俺が駄目なんだ。俺が悪いんだ。
二度とやらない。またやり直そう」と慰める。
やばいね。これは社会現象間違いなしだね。

やっぱり幽霊より人間のほうが怖いよね・・・

107 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/31(土) 17:06:17 ID:Os+fOdR5O
学生の頃、結構異性関係が華やかな男性と付き合っていた。
ある日その人の家にいた時、用があって台所に行くと、
テーブルの下が何故かもやもやしてる様に見えた。

電気をつける前に目を凝らしてみてみたら、
どうも四つん這い?みたいな体勢の女がこっちを見てた。
目は白っぽかったからこっち向いてるのが分かった。
灰色の霧やかすみみたいだけど、髪は肩くらいなのが分かった。

「!」と思って彼氏の方をみてもう一回そこを見たら消えてた……
彼氏と一緒に電気を付けて台所をよく探しても見間違うようなものはなく、
単なる勘違いが何かで話は終わった。
と思ってたら、後日彼氏が私ともう一人の女の子に二股をかけていた事が発覚。

その子は友達の友達だったので話す機会があったんだけど、
髪形的にあの日に見たテーブルの下の女はこの子だ!と分かった。
向こうの女の子は私の存在を知らされてもなお、その男と付き合ってた。
パシリみたいな事させられたり、子供おろさせられたり、
殴られて頭の骨を折ったりしてもまだ付き合ってたみたい。
共依存みたいな?

私が見たあれは多分生き霊って奴なのかな。
ちなみに二股の事実を知って即別れました。
普段霊は見えないので、初めての霊体験でした


108 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/31(土) 18:09:32 ID:MZzGN6By0
ほ、ほんのりどころじゃねえ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

別れられて良かったねえ
生霊よりもその男がよっぽど怖いわ


109 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/31(土) 18:51:31 ID:M12gSWWb0
>>107
本人がいて、彼氏が素早くにがしたんじぁやないの?


110 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/31(土) 20:45:12 ID:FRbMsaCd0
後日、「てめえがすばやく逃げねえから、俺が冷や汗かいたじゃねえか!」バキドカガスボグ
「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」



111 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/02/01(日) 02:20:08 ID:y2Uqw37SO
>>108
私には、優しい彼氏だったのでにわかには信じられなかったけど、
その二股相手の女の子から聞くには最悪の男でした…
殴られた痣とか見せて貰ったし;

>>109
いえ、それを見てから私は台所からは動いて無いし、
すぐ彼氏が来て二人で電気付けて見てみたんでそれはないと思います。
でも一番怖いのは生き霊より、その女の子本人でした…
その子から~な酷い男だから別れた方がいいよって聞いて
私は別れるから、って穏やかに話は済んだ(はず)なのに、
その子が差し向けたと思われる男数人(私は知らない人)に
人の男取るなヤリマン!って罵倒されたり、変なイタ電をかけてこられました;

なぜ女の子の仕業か分かったかというと、
その子が私の友達が働く店に来て、○○(私)って子にお礼するからって
伝えといてとか言ってたみたいだからですorzコワイ

幸い彼氏には家を知られていないので別れよう→着信拒否で済みましたが。
今は地元を離れているので、もう大丈夫だと思います。
長文、失礼致しました。


112 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/01(日) 02:51:31 ID:kUxYD7kgO
>>111
みつけた


113 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/01(日) 02:58:28 ID:qP4Xjxtq0
>>112
{{{;゚Д゚}}

俺が小学校5年生のとき、 寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになった

322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/05/06(火) 22:19:31.01 ID:67qHdJX20
俺が小学校5年生のとき、
寝たきりで滅多に学校に来なかった女の子と同じクラスになったんだ。

その子、たまに学校に来たと思ったらすぐに早退しちまうし、
最初はあいつだけズルイなぁなんて思ってたよ。
んで、俺の家、その子の家から結構近かったから
俺が連絡帳を届ける事になったんだ。

女の子のお母さんから連絡帳を貰って、
先生に届けて、またお母さんに渡して…。
それの繰り返し。
なんで俺がこんな面倒臭い事しなくちゃいけないんだ!
って、一人でブーたれてたのを良く覚えてる。


323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/05/06(火) 22:20:05.75 ID:67qHdJX20

でも次の日の朝、その子の家に行ったらその子のお母さんに
「もう、連絡帳は届けなくていいの」って言われた。
あまりにも突然だった。
俺その頃悪ガキで、頭もすげえ悪かったけど、
その子のお母さんの言ってる意味は伝わったんだ。
……この子は天国に行ったんだ。もう一緒に遊ぶ事は出来ないんだ……。
そんな事考えたら涙が溢れて…止まらなくって…。

ずうっと泣き続けてた俺に、その子のお母さんは連絡帳をくれたんだ。
せめて君だけは、学校にも行けなかったあの子を忘れないで欲しいって。


そんな俺ももうすぐ30になろうとしてる。

あの時の連絡帳は、引き出し下段の奥底にずっとしまったきりだ。
就職したり、結婚したり、子供が生まれたり…。
今まで、本当に色んな事があった。
時には泣きたい事、辛い事の連続で、
いっそ自殺しちまおうかなんて思った事もあった。
けど、そんな時はいつも引き出しを開けて、女の子の連絡帳を開くんだ。
そして、彼女が亡くなる直前に書かれた文章を読み返すんだ。



『ありがとう、いつかきっと、遊ぼうね』

経営者と労働者、政府と国民の関係がよくわかるコピペ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/24(金) 07:29:57.31 ID:cREFZmNF0

息子:「父さん。ひとつ聞いてもいい?」
父親:「なんだい」
息子:「国の仕組みってどうなってるの?」
父親:「いい質問だ。よし。うちの家族を例にとってみよう。
    父さんはお金を稼ぐから”経営者”だ。
    母さんは家計を管理してるから”政府”だ。
    そして、父さんと母さんに面倒を見てもらっているお前は”国民”だね。
    ウチに住み込みで働いている家政婦さんは”労働者”だ。
    赤ちゃんは・・・そう、”未来”だね。
    国の仕組みってこんな感じだよ」
息子:「うーん。よく分からないや。今夜、よく考えてみるよ」


その夜、赤ん坊がおもらしをして、ひどく泣いていた。
息子は両親に知らせようと寝室に行ったが、 母親が熟睡していただけだった。
そこで、家政婦の部屋に行った彼は、
ドアの隙間から父さんと家政婦がベッドの上で夢中になっているのを見た。
「父さん!」と何度も声をかけたがまったく気づいてもらえない。
しかたなく、息子は自分の部屋に戻って寝てしまった。

次の朝・・・。
息子:「やっと国の仕組みって分かったんだ」
父親: 「ほう。えらいな。どれ、説明してごらん」
息子:「ええとね。”経営者”が”労働者”をいいように使っている間、
    ”政府”は眠りこけているんだ。
     そして、”国民”の声は無視されて、”未来”はクソまみれなんだよ」


「クレバスに消えた女性隊員」

43 名前:既にその名前は使われています[] 投稿日:2009/04/07(火) 18:48:20 ID:LOaWN5/Q

「クレバスに消えた女性隊員」

京都山岳会登山隊の白水ミツ子隊員が、第一キャンプからベースキャンブへ下山中、
ボゴダ氷河のヒドン・クレバスに転落、
死亡したのは、一九八一年六月十日のことであった。

もちろん、この日、死亡がはっきりと確認されたわけではなく、救出が困難なままに、
氷河の中に見捨てざるを得なかったのである。
白水隊員は救出の断念を自ら望んだが、暗黒の氷の割れ目の中で、
一条の生の光に望みを託しながら最後まで死とたたかっていたとすれば、
その死亡日付はあるいは半日か一日、変更されることとなるわけである。

記録――六月十日午前十一時二十分、
ボゴダ峰第一キャンプから三十分ほど下った
アイスフォール帯直下の広い雪原状の氷河上で白水隊員はクレバスに転落した。

直ちに第一キャンプに緊急連絡され、
第二キャンプからかけつけた救助隊員が現場に到着したのは十三時十分。
彼女の生存は確認された。宮川隊員がクレバスへの下降を試みる。

入口は八十センチくらいの人間がやっとひとりくぐれるくらいの氷の割れ目だが、
中に入るにしたがってさらに狭くなり、上から四メートルのところで少し屈曲して
幅は五十センチくらい。
そこで下の方にひっかかっているザックが見えた。
しかしそこからはさらに狭くなり、靴を真っすぐにしては入れず、
アイゼンの爪が効かない。
ザイルにぶらさがったままの状態で、少しずつ降ろしてもらい、
ようやくザックに達する。

「大丈夫かあ」
期待をこめてザックに手をかけるが、その下に白水さんはいない。
声をかけると、応答はあった。
が、まだはるか下の方である。



44 名前:既にその名前は使われています[] 投稿日:2009/04/07(火) 18:49:36 ID:LOaWN5/Q

>>43続き

そこからは氷の壁はまた少し屈曲し、
真っ暗で、さらに狭くてそれ以上は下降できない。
やむなくザイルの端にカラビナとへッドランプをつけて降ろす。
一○メートル(上からは二○メートル)
降ろしたところで彼女に達したようだが、
彼女自身どうにもザイルをつかまえることが出来ないのか、
ザイルはかすかな手ごたえを感じるが、そのまま空しく上がってくる。

そういう作業を何度も「しっかりしろ」と大声で彼女に呼びかけながらやっている時に、
「宮川さぁーん、私ここで死ぬからあー」
「宮川さぁーん、奥さんも子供もいるからー、あぶないからぁー、もういいよぉー」
という声。
かなり弱った声だったが、叫ぶような声だった。
彼女自身でもう駄目と判断してのことだろう。

まったくやり切れない気持ちだった。
声が聞こえてくるのに助けられない。
くやしさが全身を貫く。

十六時、彼女の声はまったく聞こえなくなった。
カメラ助手の新谷隊員、そして当日頂上アタックした山田、大野両隊員も
クレバスに降りた。

しかし誰も宮川隊員が降りた位置より下には行けず、
二十一時ついに救助作業を打ち切った。(京都山岳会隊・宮川清明隊員の手記)

白水さんは二十九歳、独身だった。

『オレ、柔道やってるからw』

716 おさかなくわえた名無しさん :2009/04/08(水) 02:21:40 ID:kyBxqT5G
ケンカ話だけど嫌いな人ごめん。

弟とゲーセンに行ったときドキュカップルに絡まれた。
原因は私がキャッチャーで取ってもらったぬいぐるみが
彼女が欲しがってたみたいで、要は恐喝の一種?

絡まれ中、さっさと帰りたい弟の態度に
ドキュ男が盛大にキレてゲーセン裏に連れてかれた。
彼女もニヤニヤしながら『さっさと渡さないから~知らないよっ☆』とのたまう。
弟は最後に『嫌、自分で取ってあげて』と言って振り向いた瞬間
ドキュに思いっきり背中蹴られた。

ちょっとよろめいた弟に向ってドキュ男が
『オレ、柔道やってるからwだからちょーだいよ』
って言い終わらないうちに弟がドキュの襟元握って引き寄せて一言
『俺も』

で、暗くてよく分かんなかったけどドキュの後ろに回って
ぐいっと腕を首に回して何かした。(壁に押し付けてたかも?)
ドキュが『キュッ!』って高い声で鳴いた後、弟の腕を高速タップしたんで解放。
男は倒れこんでゲホゲホやってて、途中喘息っぽい息になってた。
弟もちょっとあせったのかドキュカップルに
私にくれたはずのぬいぐるみをそっとお供えして帰った。

帰りの車の中で弟が
「久し振りだから加減がわからんかった、アイツ大丈夫かな?
バレたらオレ捕まっちゃうかな?あと、ねえちゃんのお人形あげちゃってごめんね」
と本当は気弱な弟に姉的にはスッキリした。

【じわじわ怖いコピペ】久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す


78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 03:38:55.79 ID:mitDjxiBP

久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す
母は認知症だった
身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ

そして今は亡き母の書斎に入った時、私は初めて違和感を覚えた
母にプレゼントしたカレンダーが見つからない
何の気無しにテーブルを漁ると、
ハサミでバラバラにされた幾つかのカレンダーの切れ端が
順序良く並んでいる事に気が付いた
母はどんなに呆けていても、私のプレゼントは大切にしてくれていたのにと…
私はショックを受けた

私は感傷とともに並べられた日付を整理した

4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16

私は一枚だけ向きが逆になっている6/17に気づき、
他の日付と同じ向きに変えていると、一階の父が私を呼んだ。
今日から五年振りの父の手料理が食べられる。

感傷を胸に押し込み、私は母の書斎を後にした






82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/22(水) 03:44:12.25 ID:VxjhmmZmO
>>78
どういう事?



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/24(金) 12:18:35.85 ID:O0iFx4n10

答え(だと思われるもの)
日付は元素表上の座標。

4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16
Ti  Ti  Ni  Au Na  Hg Mo Ra Re  At  Ni  Ge  Te

Hgはそのまま元素記号として読む。
(水銀:摂取すると中毒を引き起こす猛毒)
6/17は向きが逆だったのでAt → tAに置き換える。

すると 「父に会うな 水銀盛られた 逃げて」 となる。

つまり、これから食べようとしている手料理も危ない。




なんで、これだけ殺虫剤が進化しているのにゴキブリは絶滅しないんだと思う?


438 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 17:02:39 ID:TJ3xTjFt
おまえら、一人暮らししてるくせにそんなことも知らないのか?
なんで、これだけ殺虫剤が進化しているのにゴキブリは絶滅しないんだと思う?

そう・・・勘がいい奴ならもうお気付きだろう・・・
製薬会社のバックに巨大なゴキブリ組織が暗躍しているんだよ
奴らは末端の犠牲と引き換えに、
製薬会社に自分たちの生態情報を提供、
その見返りに特権階級の殺虫剤への適応化、子孫繁栄の為の養殖をしてもらう

一方で製薬会社はゴキブリの数と殺虫剤の効力を上手く操って
市場を思いのままにして暴利を貪っている・・・

全て、最初から仕組まれたことなんだよ
俺はこれに小4で気付いた
だから、これまで戦ってきたゴキブリ達は
全て新聞紙による撲殺で勝利してきたし、これからもそうするだろう

これと似た利権にまみれた話で
「土手に落ちてる湿ったエロ本とアダルト業界」ってのがあるんだが、
それはまたの機会に

ボランティアに行った保育園で社会的に抹殺されるとこでした。

581 :名無しの心子知らず :2007/01/13(土) 17:25:50 ID:/9V2hsSh

ボランティアに行った保育園で社会的に抹殺されるとこでした。
何故か大人になると○ン毛が生えるという話題で話していた男児と女児。

女児「大人になったら毛が生えてくるんだよ!パパもママも生えてるもん」
男児「じゃあお兄さん先生(漏れ)は?」
女児「大人だから生えてるよ!」
男児「うっそだあー」
女児「ホントだもん!あたし見たもん!!」

瞬間、保育室の大人は全員凍りつきますた。
その子は何でもかんでも「あたし見たもん」が口癖だったので
誤解には至りませんでしたが、
あの瞬間の保育士さんたちの引きつった笑顔は忘れられない…

我々がアメリカンドッグに学ぶことは多い

64 : プロスキーヤー(長屋) :2007/08/19(日) 15:19:21 ID:4CFnpgjH0
アメリカンドッグ

けして高品質とは言えないウインナーは真新しい丸木串に突き刺さり、
ほとんど砂糖抜きのホットケーキに近い生地は少し悪くなった油でもって
均一な黄金色に揚げられていた。

揚がってから誰かが買うまでのあいだ、
ハロゲンランプに照らされじっと待っている。
はっきりと言うと油が劣化しているわけだ。

ふつう、油揚げ食品ならば、この状態は品質の低下を意味するのだが、
ことアメリカンドッグ。
そう、アメリカンドッグに関しては、
これら通常は不都合とされる条件により、衣のサクサク感や生地のモッチリ感
そして何より独特の風味を倍化させ、結果それこそが商品の魅力となるわけだ。

ここで俺は思う。
人生に措いて、たとえ自分が良くない素材であり
劣悪な環境に在ったとしても、以上でいうところの温度環境
つまり「温もり」に相当するものさえあれば、
人はそれをバネにして内側から己の魅力を引き出し
その結果をもって、自分に他人を惹き付けさせるための要素としうる。
これはそういう実例なのではないだろうか。

我々がアメリカンドッグに学ぶことは多い

新ジャンル「おばあちゃんを心配するDQN」

157 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/07(火) 17:20:12 ID:nS9Bz4Eq0

709 :おさかなくわえた名無しさん:2007/11/30(金) 14:17:38 ID:GV9+X1Fi

ついさっきのことだけど、電車に乗ってたら、
駅でお婆さんが入ろうとしたところで思いっきり転倒。
頭は打ってなさそうだったけど結構な勢いだったから、
膝の上の荷物を吹っ飛ばしながら「大丈夫ですか!?」って叫んじまった。

で、俺は電車乗ると両サイドが必ず空くほど人相がわるいんだが、
結構なビビりで。
お婆さんは平気って言ってるのに
「ほ、骨とか平気?大丈夫?」とか一人で騒いでたら、旦那さんらしき人が
「平気だから。兄ちゃんいい奴だな」って言ってくれた辺りで我に帰った。

悪ぶった格好でめちゃめちゃ取り乱したから、
エラい恥ずかしがったけど、婆さんに怪我なさそうで良かった。



718 :おさかなくわえた名無しさん:2007/11/30(金) 16:40:18 ID:bpGDq8tz


      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 大丈夫ですか、お婆さん!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/




158 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/07(火) 18:04:20 ID:K4i/s47P0
>>157
むしろ泣いたwww


159 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/07(火) 18:35:36 ID:k2UnWyQ70
>>158
これは笑うwwwww

留学してた時に背の高い黒人にーちゃんが・・・


73 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2009/02/28(土) 02:37:14 ID:pbzmmsuW

留学してた時に背の高い黒人にーちゃんが
ちっ、化け物め
って書かれたTシャツ着てたのには吹いた。
良い奴だった。

「お母さん、なんで結婚式の時花嫁さんは真っ白な服を着るの?」

114 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2009/03/28(土) 21:30:34 ID:uxBuf1hYO

子供が母に聞いた。
「お母さん、なんで結婚式の時花嫁さんは真っ白な服を着るの?」

母は答えた。
「それは花嫁さんにとって一番幸せな日だからよ。」

さらに子供は聞いた。
「じゃあ、なんで花婿さんは真っ黒な服を着るの?」

前に伊集院のラジオ企画でいろんな人にインタビューしようってのがあった


648 :本当にあった怖い名無し :2006/10/26(木) 00:06:27 ID:rpeJITsVO

前に伊集院のラジオ企画でいろんな人にインタビューしようってのがあった
そん時の救急隊員だかなんかの人が語ってくれた話

夜中3時くらいに通報が入った。
どうやら高速で事故があったみたいだ。
現場に急行すると、車に挟まれ下半身切断された男性がいる。

しかし、幸か不幸か切断面が圧迫され出血は少なく意識がある。
その男性は「私はあとどれくらいもちますか?」と聞いてきた。
出血が少ないとはいえ下半身切断。救出しようと動かせば即死。
経験から5分くらいだろうと答え、なにか望みはあるかと聞き返すと、
「家族と話したい」とのこと。
近くにあった携帯は生きていたので、男性の家にかけてみる。
しかし時間は深夜。
何度かけても電話には誰もでない。
「もういいです。ありがとう」男性はそう言って息を引き取った。

数分後、男性の家から携帯に電話がかかってきた。
救急隊員は、男性が事故に遭い即死だったと伝えた。
もし男性が数分間生きていて、
話したがっていたと遺族が知れば、
電話に出られなかったことを一生後悔するだろうと思ったからだ。

それでも未だに、あの時どうするのが正しかったのか考えてしまうのだ。

米「ヘンナガイジンデゴメンネー!ヘンナガイジンデゴメンネー!」

548 :1/2 :sage :2009/02/21(土) 01:35:36 (p)ID:t0wR2cy5(2)

日本びいきと言うか満喫はしてくれてる感じがしたので投下します。

自分のバイトしている店がお好み焼き屋なので
よく外国の方を連れて食事に来てくれるお客様も居る。
それで気に入ってくれたらしい外国人さん達、数度ご来店の後
先日多国籍なお客様での宴会を開いてくれた。(全員外人さん)

ビール (゚Д゚) ウマー
お好み (゚Д゚) ウマー
焼きそば (゚Д゚) ウマー
もんじゃ (´・ω・) ナニコレ

と食事を楽しんでは酔っ払って盛り上がる盛り上がる。
楽しそうで何より、と食器を下げに入ると
その中で1番日本語が堪能なお兄ちゃんが奥を指差して
「アメリカ人ホントウザくてゴメンネ」と
謝ってくれたのでそちらを見れば両手を上げて飛び跳ねながら




549 :2/2 :sage :2009/02/21(土) 01:35:57 (p)ID:t0wR2cy5(2)

散々飲んで食べて満足して頂けたらしく「ゴチソサマデシター!」とお会計。
支払いをしようとした日本語堪能さんを押し退けて
俺がお会計したい!俺がお会計したい!とばかりに出てきたのは
さっきまで飛び跳ねてたアメリカ兄ちゃん。

じつはよく日本語わかりません満面の笑みに、英語スキル0の自分も
動揺しつつとりあえずお会計をなんとか済ませ、
更にお店のスタンプカードが全部貯まった為、特典の割引券を渡す為
カードの裏に名前を書いてくれ、と説明。

「サイン…?おk!!!」
とボールペンを受け取ると何やら縮こまって
こっそりと書き書き…書き書き……

(`・ω・´)つ□ドウダ! とばかりに差し出されたカードには
カタカナで「グ レツ ク ゛」の四文字が
はみ出さんばかりに豪快に書かれておりました。
そしてキラッキラに自信満々の笑顔。
オーケーグレッグ、サンキューグレッグ。
お前最高だぜ!と思いつつも
業務用の笑顔で、有難うございました!またお越しくださいませ!
としか返せなかった日本人でゴメンねグレッグ…またきてね。

母が逝った・・・ホントあっと言う間だった。

247 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2009/01/06(火) 16:01:30

どこに書いていいかわからんので

母が逝った
ホントあっと言う間だった。
風邪は万病の元? 皆そう言うよね。思い知ったよ。
確かに風邪はひいてたよ。
だが1月1日朝洗濯物干してたのに3日の朝には冷たくなってた。
救急車呼んだよ。
乗せるまでもねぇとよ。
死後7時間くらいたってるかもだと
バカ言ってんじゃねぇ!
その時間は覗いて呼吸音確認してんだよ!

そのまま警察呼んで、検死してもらったよ。
死因不明?
ホントそう書いてあんだぜ、
会社への連絡表に死因記入する際なんて書くか途方にくれたよ。
連絡する人する人皆絶句、親戚連中も飛んできた。
皆同じ事を言う。「信じられない」と
一番信じられないのは俺達家族だ。
あと本人もかも、多分絶対分かってねえと思う。


指にケガして絆創膏貼ってる。
これ貼った時はまだ元気だった・・・
正月連休今日で終わり。
連休入った時には考えもしなかった・・・
紅白見てた、除夜の鐘聞いた。
まだ元気だった・・・

でも今いない

告別式も終わって、家ん中ちょっと片付けてこれ書いてる
親父はボーゼンとしてる。
姉はまだ泣けないでいる。


2009年 なんて年の始まりだ。



248 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 16:35:34
>>247
今丁度、母親が風邪ひいてる上に指に怪我してるからちょっときた。
いや、勿論元気だぞ。昼間電話した時笑ってたし。


249 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:48:34
うう、泣ける…


253 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2009/01/13(火) 01:32:04
>>247
うちは飼ってた猫死んだんだ
三日の昼だったなぁ、近所の子供が、その子の庭で
○○さん(我が家のことだ)の猫が死んでるって知らせてくれたんだ
ダンボールもって行ったら、庭の隅で死んでた
三が日だったから、埋めるの後日にして、物置に寝かせておいた
交通事故だったんだなきっと
鼻から血が出てた
倒れてたところが、塀を挟んだ庭だったから逃げたんだな
即死じゃないはず、苦しかったろうな、まだ三歳にもなってないのに
次の日ダンボール開けて、猫の名前ミーって言うんだけど、
触ったら冷たくて固くてさ、体毛とかかたかったね
二日の夜は家でご飯食べてたのに、
外猫だからこうなるのは分かってたし、
前に飼ってた猫も事故死だったから、泣かなかったんだけどさ、
今思うと冷たい人間になったなって感じる
三年近く飼ってて死んで、そりゃ悲しかったけど、
前みたいに泣いたりしなかったけど、
なんだろう…何が言いたいんだ俺
悲しいときは素直に泣ける人間になりたかったね

私の小学校は、いわゆる「校内掃除」が放課後にある所でした。

270 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/04(水) 21:25:53 ID:zsTbp5Pv0

小学校の時の事です。

私の小学校は、いわゆる「校内掃除」が放課後にある所でした。
教室で集めたゴミを、外の焼却炉まで捨てに行く係だった私は、
その時も、普通にゴミを運んで行っていました。
冬だったので、裏口から外に出ると、外がもう薄暗かったのを覚えています。

ぱんぱんになったゴミ袋を焼却炉に投げ込んで、引き返し、歩いていたのですが、
後ろでガサゴソ、と音がしたので反射的に振り向きました。
見ると、焼却炉のそばに、人が直立姿勢で立っていたのです。

驚きました。たった今まで誰も居なかったはず。
しかし、薄暗くてよく見えません。
下半身の辺りは草で隠れていて、
トレーナーのような服の上半身だけがかすかに揺れています。
何がなんだかよく分からないまま、数秒は動けずにいたのですが・・・

何気なく横に目をやると、
自分のすぐそばに、人間の下半身だけがありました。
本当に下半身だけ。
あまりの事に喉から変な声が出てしまいました。
衣服は、ジャージのような感じだった気がしますが、この辺は曖昧です。

下半身は、腰の辺りから急激に細くなり、
焼却炉のほうに向かって、ゴムのように伸びていました。

私は一目散に逃げました。
意味不明すぎる。
誰かに話そうとも思ったのですが、
うまく説明する自信が無かったのでやめました。
なので今まで、この話を誰かに言ったこともありません。
また当時の焼却炉は新品同様だった筈なので、
そういう事に思い当たる節も無いのです。


あの下半身は、あの上半身のものだったのでしょうか?

どうしてパパと結婚したの?

8 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/05/24(土) 14:49:14 ID:4nhu6u43
うちの両親はあねさん女房。
しかし父は威張っているし、結構横暴な人。

子供の頃、母に「どうしてパパと結婚したの~?」と質問すると
母はいつもこう答えていた。

「あのね、パパとママが結婚する前、二人ともすごく貧乏だったの。
ある日、買い物の帰りにお祭りがあったんで通ってみたら
屋台でママの大好きなイカ焼きが売ってたんだけど
買い物でお金使い過ぎちゃって、二人のお金合わせても
一本に足りないくらいしかなかったのね。
そしたらパパが『俺が何とかする』って言って、屋台の人に
一番小さいやつをくれ!って粘って買ってきてくれたの。
それでママは、この人と結婚しよう!って思ったんだよ」

子供心にも感動し、そういう人と私も結婚しよう!と思っていた。

続きます。


9 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/05/24(土) 14:50:13 ID:4nhu6u43

続きです。

しかし先日、私は相変わらず横暴な父と、派手に喧嘩をしてしまい
彼が出掛けた後、母に久し振りで
「お母さんはどうしてあんな人と結婚したの!」
と質問した。と言うより、吐き捨てた。
すると、母はこう答えた。

「あのね…本当の事言うと、お父さんが休みのたびに私の家に来てね…
私が『もう来ないで』って言うと『うん』って頷いて帰って行くの。
でも次の休みの日に、気付くとうちの玄関の前に立ってて
『来ちゃダメって言ったでしょ!?』って言うと
また『うん』って頷いて…ポロポロ泣くのよ…人んちの玄関の前で…
周りの目もあるし、とりあえず家にあげたら、そのまま居着いちゃった…」

おっ、お母さん、イカは?イカの話は!?
つーか、どこの猫の話をしてるんですかお母さん!?

母からは口止めされたんだが、それから数時間後に
当たり前のように帰宅し、堂々と家の中に入って来た父を見て
こうなるまでに苦労したんだねあんたも、と思ったら
ニヤニヤしてしまって、父に頭叩かれたw
気持ち悪く感じる人もいるかな…そしたらスマソ。

【叙述スレより】学校の正門前にパンと文房具と駄菓子を扱う小さな店があった。

340 名前:名無しのオプ[] 投稿日:2009/02/22(日) 20:47:04 ID:88IOD10M

学校の正門前にパンと文房具と駄菓子を扱う小さな店があった。
悪ガキだった俺はちょっとしたスリルを味わいに悪友とよく通ったものだ。
オバチャンは目が悪いようで釣り銭を数えるのに時間がかかる。
その間に俺達は飴玉やガムや、
当時はまだ珍しかったシャープペンシルをポケットや鞄に収めるのだ。
今思えば幾ら目が悪いとはいえ、
不自然なくらい膨らんだポケットに気付かないわけはなく、
オバチャンは見て見ぬふりをしていたに違いないと思う。
そんな些細な事も影響したのかどうか、ある日唐突にその店は閉店した。


その後で近所に出来たスーパーはきちんと品物をビニール袋に入れてくれ
愛想も良く母親達には好評だったが、
禁止されていた買い食いはすぐ学校に通報され、
俺達にとっては無愛想でいい加減な接客でもオバチャンの店の方が良かったのだ。







381 名前:名無しのオプ[] 投稿日:2009/02/24(火) 21:49:38 ID:zbAeIcba
>>380
解説お願いします


354 名前:名無しのオプ[] 投稿日:2009/02/23(月) 00:20:20 ID:fjdEXdos


1・目の悪い愛想の無いオバチャンの隙をついて他の品物を万引き
2・目も悪いがサービスが悪いオバチャンが
 買った品物に袋をくれないからポケットに詰め込むしかない不便さ

を誤読させたかった。実体験より。



357 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2009/02/23(月) 01:55:37 ID:DZ+dGHah
>354
なるほどやっとわかったw
やはり結末に一工夫欲しいような気がする


413 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2009/02/28(土) 18:33:33 ID:Wm4HOgw2
>>340
やっと意味がわかった
トリックを隠す方の能力が上手すぎて
完全に万引きの話だと思ったよ
オチはベタなくらい説明した方がいいと思う
読んでる方は書いてる方ほど頭使ってないから


387 名前:名無しのオプ[] 投稿日:2009/02/25(水) 08:37:12 ID:YtaCeBNN
うん。
難しかったけど叙述トリックとしてきちんと成立していると思う。
ポケットが膨らんでる事象は同じでも、
膨らんでる理由は全く違うようにミスリードできている。
良作だと思うよ。
ただミスリードはうまいが、
オチというかネタばらしがもっと易しければ親切だとは感じる


388 名前:名無しのオプ[] 投稿日:2009/02/25(水) 08:51:23 ID:YtaCeBNN
視点を変えると
a.おばさんが万引きを見逃してくれた
b.気づかないふりして袋をくれない

という行為の誤認が成立してる。また

a.見逃してくれる優しさ甘さから閉店
b. 不親切いい加減さから閉店

という現象についても、
風景がガラッと変わってくるから作品としては割と良いと思う


389 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2009/02/25(水) 11:13:41 ID:GBpC63e2
スリルを味わうってのも
万引きに対してと思わせといて、
実は、買い食いに対してだったってのも上手いよな。

オチのばらしかたや、全体の文章構成を改良すればかなりの良作になると思う。
基本アイデアは十分評価できる。

姉の部屋に全裸で入るのは本当に簡単なのか?

38 名前:大人の名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/07(土) 13:39:20 ID:AAX/h+jp

姉の部屋に全裸で入るのは本当に簡単なのか?
それを実践してみようと試みたが、うちには姉が居ないのである
代わりといっては何だが兄で試してみた

計画通り、全裸で兄の部屋にアンゲロ、アンゲロとつぶやきながら飛び込む
タンスをこじ開けるがブラジャーなど入っているはずもない
仕方なく酔っ払いみたくネクタイを頭に巻き、トランクスを腕に装着
兄が一度こちらを見たがチャットに夢中で気にされない
兄のベッドに潜りこみ「幸せだから!幸せだから!」と絶叫
だが兄は無視してチャットをやっている
まだ不十分

次の瞬間妹が兄の部屋に入ってくる
借りたCDを返すようだったがスケジュール外なので無視
ムッシュムッシュ叫びながら兄のトランクスを履き、半裸で兄に抱きつき
「俺に充電しろ!!俺に充電しろ!!」と絶叫
妹は大泣きで退散
確実に兄に無視される

開脚後転で窓際に近づき干してあったランニングシャツを外し首に掛ける
ゾンビの真似をしながら再び兄に抱きつく
パソコンの画面を見ると兄がチャットに書き込んでいた

「久しぶりに弟に構ってもらってる 何年ぶりだろう? かわいい奴だ」


俺は泣いた

旅客機や戦闘機の風防に向かって、 死んだ鶏を高速でさせたらどうなるの?

171 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/07/14(月) 00:01:39.96 ID:tSsARoOjO

ロールスロイスの技術者は、旅客機や戦闘機の風防に向かって、
死んだ鶏を高速で発射する特殊装置を製作した。
しばしば発生する鳥の衝突事故を模して、風防の強度試験をするためだった。
この発射装置のことを耳にしたアメリカの技術者たちは、
是非それを使って最近開発した高速列車のフロントガラスを試験してみたいと考えた。

話し合いがまとまり、装置がアメリカへ送られてきた。
発射筒から鶏が撃ちだされ、破片飛散防止のフロントガラスを粉々に打ち
制御盤を突き抜け、技術者がすわる椅子の背もたれを二つにぶち割り、
後部の仕切り壁に突き刺さった光景に技術者たちは慄然とした。
驚いたアメリカの技術者たちは、
悲惨な実験結果を示す写真にフロントガラスの設計図を添えてロールスロイスへ送り、
イギリスの科学者たちに
それに対するロールスロイスからの返事はたった一行だった。





チキンを解凍してください

産まれたばかりの赤ちゃんと一緒の写真を印刷した年賀状が・・・

29 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/27(火) 14:17:28 ID:ceoZWXqV0

産まれたばかりの赤ちゃんと一緒の写真を印刷した年賀状
子供と妻の顔が焼かれた状態で家のポストに入っていた。
妻には内緒で処分



30 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/27(火) 14:22:11 ID:h/J/MQmP0
>>29
それって自分の奥さんと子供の写真を年賀状にしたやつ?
それだったら何か恨みもたれてる可能性もあるから内緒にしないで
注意するように話したほうがいいんじゃ?
それともその犯人に心当たりあるとか?


31 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/27(火) 14:39:02 ID:ZmAP/kJx0
>>29
まさか、あんた愛人囲ってたり不倫したりしてないだろうな?w


32 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/27(火) 15:00:43 ID:y3CGyaEm0
宛名の書いてないやつだったら、どこから入手したんだよ。


33 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/27(火) 15:09:30 ID:ceoZWXqV0
会社の同僚(男)に出した年賀状だよ
宛名塗りつぶしてあったが直ぐにわかった


34 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/27(火) 15:15:58 ID:C6GGvGIw0
>>33
警察に行ってもいいレベル…
一応会社の上司に現物もって相談だけはしといたほうがいいよ。
勝手に処分しちゃダメだよ。


35 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/01/27(火) 15:46:51 ID:FCCBpy080
え?男…?


37 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/01/27(火) 18:10:42 ID:GmXWoO+S0
>>33

マジ怖いから。
とりあえず警察に行っておけ。
何かあってからじゃ遅いぞ。


俺、死ぬ前に小学生の頃を一日でいいから、またやってみたい

26 名前:日本昔名無し[sage] 投稿日:2007/10/05(金) 01:33:50

俺思うんだ・・・。
俺、死ぬ前に小学生の頃を一日でいいから、またやってみたい
わいわい授業受けて、体育で外で遊んで、学校終わったら夕方までまた遊ぶんだ

空き地に夕焼け、金木犀の香りの中家に帰ると、
家族が「おかえり~」と迎えてくれてTV見ながら談笑して、
お母さんが晩御飯作ってくれる(ホントありがたいよな)
お風呂に入って上がったらみんな映画に夢中になってて、
子供なのにさもわかってるように見入ってみたり

でも、全部見終える前に眠くなって、お部屋に戻って布団に入る
みんなのいる部屋の光が名残惜しいけど、そのうち意識がなくなって…



そして死にたい

よもぎって中毒性ないよな?大丈夫だよな?


94 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2009/02/28(土) 14:19:06 (p)ID:BExjuMZr(2)

数年前、俺がまだ学生だった頃の話。
同じアパートに住んでたケニア人留学生のA君に
近所のスーパーでばったり会ったんだ。

ふと、カゴの中を見るとパックに入った三色ダンゴが大量に…。
俺「ダンゴ好きなんだ」
A「そう!この緑のところがウマイね!」

話を聞くと、どうも草餅、よもぎ餅系の味&香が奴にクリティカルヒットしたらしい。
唯一の悩みは、三色ダンゴだと、三つに一つしかよもぎ餅が入ってない!(´Д`)
と、熱く語りだす。

俺「アンコ入っててもいいなら、こんなんもあるけど…」と、
売り場にあった草大福?(大福のよもぎVer.)を教える。
A「ナニコレ?」
俺「だから、アンタの好きな緑のダンゴのスペシャルバージョンだって!」
A「ぬぉぉぉぉぉぉ、そんなものが、そんなものが…」と半ば半狂乱で騒いだあげく、
俺の手を握ってブンブン上下に振って礼を言った後、
草大福買い占めて帰っていった。

なんかイイ事したなぁ、って思ってたんだが、
この日以来、そのスーパーで草大福が売切れだと、
俺「またAの仕業か…たまには俺も草大福喰いたいんだが…」と、
ため息が出たり出なかったり。



96 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2009/02/28(土) 15:15:45 (p)ID:BExjuMZr(2)

スーパーでの一件で親しくなった俺とA君。
会えば世間話をする仲になったが、相変わらず草餅にハマっているらしい。

その話を聞いた、当時の俺の彼女が
「そんなに好きなら、自分で作ったらいいのに。なんなら私が作ってあげよっか?」
とか言いだした。

で、なんやかんやあって、郊外にある河の土手に
Aと俺、彼女、彼女の友人でよもぎ摘みに行ったんだ。

無事に収穫?も終わり、A君の部屋で友人の持ってきた餅つき機で草餅作成。
確か一升以上の餅を作ったはず。
A君は大喜びでさ、
缶詰のアンコで作った即席草大福を幸せそうな顔で喰って、
俺達に言ったんだ。

A「本当にありがとう。今日の出来事は、日本に来て最高の体験だ。
日本人が他人の為に一日がかりでこんな事をしてくれるなんて、
日本にくるまで想像出来なかったよ。本当にありがとう」

俺達はなんか照れくさくて、ただ笑ってたんだが、
心の中では皆うれしかったと思う。
そんな、日本びいきと言うより、草餅びいきな外人の話でした。

後日、A君の部屋で某下町のナポレオンの瓶に漬かった、よもぎを見つけた。
よもぎ酒なのか??
てか、よもぎって中毒性ないよな?


夜中にふいに目が覚めると、父が覗き込んでいて、いきなり泣き出した。

65 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/03/12(木) 14:26:35 ID:eRNXPqx/

自分がまだ幼稚園児の頃だと思うのだが、
夜中にふいに目が覚めると、父が覗き込んでいて、いきなり泣き出した。

大人が泣くのを見るのは、記憶の限りその時が初めてで、
しかも父はとにかく強くてかっこいい!と信じていたので、
凄く吃驚して変に印象に残ってる。

その後、何度か確認する機会があったが、父がいつも
「夢でも見たんだろう」と言っていたので、
何しろ幼児の頃の記憶だし、自分もそう思うようになっていた。

が、20年以上の歳月を経て、父はついに白状した。
当時、とにかく忙しい職場に勤めていた父は、朝は私が起き出す前に出勤。
夜は就寝後に帰宅の日々。
寝顔をそっと覗き見るのが日課で、
このままでは娘に顔を忘れられてしまうと不安に思っていたらしい。

そんなある日、いつものように寝顔を眺めていると、私が目を覚ましてしまった。
やばい、良く寝ていたのに、ぐずってしまうかも知れない…
父が焦っていると、
私が寝ぼけ眼のまま「おとーしゃんだ」と言って、ニッコリと笑ったらしい。
ろくに顔をあわせることもできず、たまの休みにも疲れ果てて寝ていることが多い。

しかもこんな夜中に起こされて、
それでもこの子は自分の顔を見て喜んでくれるのか、
こんなふうに笑ってくれるのか、と思ったら、
愛しさが込み上げて思わず泣いてしまったらしい。

それがどうにも恥ずかしくて照れくさくて、どうしても本当のことが言えなかった。
嘘付いててスマン!と告白される結婚式前夜。
内心は萌えつつも、明日目が腫れたらど-してくれる!!と私が切れたので、
笑い話になったが、
父が涙を流していたあの記憶は、私にとって良い思い出になった。


去年の11月の初めころから、家の中にちょくちょく生肉が落ちている。

545 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/02/07(土) 22:53:00 ID:ZLdpJ1Y+0
去年の11月の初めころから、家の中にちょくちょく生肉が落ちている。

この間なんかスリッパの中にくちゃっと丸めて入れられていた。
それも、どれも売っている肉とは違って
まだ微妙に皮と白っぽいうぶ毛がついている豚肉みたいなピンクの肉。
俺さ、マンションに一人暮らしなのよ。
こんな気味の悪いいたずらするような同居人、居ないわけよ。
だから、これといって害があるわけではないけど
なんだか気味が悪いなー程度には思ってたの。

で、正月に久しぶりに実家に帰ったとき、
その話を親に冗談半分で言ってみたのね。
そしたらトーチャンとカーチャンもふざけて、
「じゃあギヤマの神さんに一回見て貰おうか」って事になった。

この"ギヤマの神さん"っていうのは、
俺の田舎の山の中にある神社の拝み屋のばあさんの事。
ナントカっていう神様を代々守り続けて奉ってるから
神さんって呼ばれてる。ギヤマは多分屋号。
俺の田舎は誰かが突然居なくなったり、
狐憑きみたいになって暴れまわるようなことになったときは
まず第一にこの"ギヤマの神さん"に見て貰うって言うのが定石な割と迷信深い村なのよ。

んで、お昼ごろに車走らせて親と神社に行ったんだけど、
そこで"ギヤマの神さん"に見て貰った結果。

「家に落ちてる体の一部(生肉の事)はあんたの元にこれから生まれてくる子供のもの。
 あんたが今まで何をして来たかは私には分からんが、
 あんたのせいで生まれてくる子供の体が削り取られてる。
 生まれてくる子供は五体満足じゃない。でも、きっとあんたの元に生まれてくるよ。」
ってなもんだった。
俺も両親もそこまで信心深いわけではないが、多少なりとも焦った。

でも、どうすれば助かりますかってすがりつくカーチャンに対する
神さんの返答は非情だった。
「私にはどうする事も出来ん。全てはあんたの息子の業だ。
 どうすることも出来ん…関わりとうない…私まで呑まれる…」

俺としてはその業とやらには何の身に覚えもなかったし、
始終(´∵`)こんな顔だった訳だけど、
そのまま文字通りどうする事も出来ずに実家を後にして数週間がたった一月の終わりごろ。
付き合ってた彼女の妊娠が判明しちゃった。

今でも家の中には時々生肉がへばりついてる。
俺は一体どうすればいいんだろうね。誰か助けて。

お母さん「お昼ご飯何食べたい?」

431 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/09(日) 00:07:33 ID:uF/98kn0

五年くらい前かな。
地下鉄で隣に立った若い親子連れ
お母さんと息子、多分5,6歳くらいだったと思う

お母さんが「お昼ご飯何食べたい?」って子供に聞いたんだ
そうしたら逆に子供は「お母さんは?」と聞き返す
お母さんは「お母さんあまりお腹減ってないなぁ」って笑って返した。

そうしたら子供、怒ったように、
「ちゃんとご飯食べないとお腹の赤ちゃんがお腹すいちゃうよー!」って
お腹は全然目立ってなくて、妊娠しているなんてわからなかった

その子供の言葉を聞いて、前の座席に座っていた高校生のカップルが立ち上がって、
「「どうぞ!!」」…見事にハモってたw
お母さんは驚いてたけど、「ありがとうございます」ってそのまま子供と一緒に座った

ありがちな話かもしれないけど、あれは和んだなあ
思い出したので書いてみた

一家に一台先輩がいれば、防犯対策はバッチリですね

13 愛のVIP戦士 2007/02/18(日) 13:51:03.17 ID:1kCh+XH20

学生時代、喧嘩が強くて有名な先輩がいた。
ある日彼に「一家に一台先輩がいれば、防犯対策はバッチリですね」と言うと
「いや・・・そうでもないんだよ」と、
彼の自宅に強盗が入った時の話をしてくれた。

深夜、不審な物音で目を覚まし、階下へ様子を見に行った母親。
リビングでばったりと、強盗と鉢合わせしてしまう。
普通の女性であれば悲鳴を上げるような場面であるが、彼女は違った。
「あなた、早く逃げなさい!」
包丁を握り締め、居直りを決めたらしい強盗に彼女は言った。

しかし、悲劇は幕を上げてしまう。
母親の脇を音もなくすり抜けた生き物がいた。
警察犬養成所で訓練を受けるも、「好奇心が強すぎて適正なし」と判断され
この家に払い下げられた純血種のジャーマンシェパード、ビリーである。
ビリーは唸り声を上げる事もなく強盗に飛び掛ると
そのまま床へ引きずり倒し、包丁を奪った。

次に「どうした!」と、この家の家長であり柔道師範の父親が現れた。
ビリーに組み伏され、床で暴れる強盗を目にするや、
「ビリー、どけ!」と強盗に寝技を披露。

そして騒ぎを聞きつけた長男でキックボクサーの兄が
「親父、混ぜろ!」と参戦。
リビングは地獄と化した・・・

遠い目をして語り終えた先輩に、
「で、先輩は何をしてたんですか?」と尋ねると、彼は答えた。

「俺は・・・隣の部屋に隠れて、110番通報をした」

怖くて止められなかったそうです。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。