HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ミステリ─叙述

今まで誠実一筋で生きてきた私だが

29:名無しのオプ :2008/05/20(火) 00:39:54 ID:9V8B947p

今まで誠実一筋で生きてきた私だが、ひょんなことから
こんな所に連れてこられてしまった。教師生活20年の中でも
今より緊張している時は無いだろう。
同僚はもう女を選んでいったらしい。

あの時はひどく酔っていた。
同僚はそこそこだったが私は離婚した傷を消毒するため浴びるように
酒を飲んでいた。あの時酔ってさえいなければ、今こんなにも
困惑する必要はないのに。そう思い後悔した。

話には聞いていたが、ガラス越しに何人もの女が並べられ、それを凝視
するのは妙な気分だ。その時、一人の女に目がとまった。
肩に掛かる程度の茶系の綺麗な髪。
くっきりとした目。魅惑的な唇。胸元にかけられたペンダントは
彼女の胸の谷間に埋もれている。豊かな乳房から体のラインまで、
完璧としかいいようがないほどの美貌を保っている。
私は声を震わしながらも彼女を指差し
「あの女性・・・」と小さくいった。



「警部!!二人の証言が一致しました。あの女が犯人で間違いないですよ」
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://signalzigzag.blog59.fc2.com/tb.php/111-0742467c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。