HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ちょっといい話

じいちゃんの葬式にじいちゃんの戦友の方がきた

540:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/11(日) 00:19:42.92 ID:Xz9CAG6r0
おれのじいちゃんは、戦争出てた

隣の県に住んでるじいちゃんだったけど、
たまにうちに泊まりに来てくれて、そんときは一緒に寝てた
そのじいちゃんち泊まりに行くときも一緒に寝てた。
オレが寝室にあがりこんでそんときは戦争の話してくれた
一番残ってるのは何か壕みたいなとこに身を伏せながら銃撃戦をやってる話

「ピューン!!!って弾が耳元かすめたぞ!!!」 とか
「友達はいっぱい死んでったけどおじいちゃんは頑張った!!」 とか、
子供のオレには死んだじいちゃんの友達より、
その戦ってる話がまるでウルトラマンかのように感じて、
wktkしながら聞いてた

そんなじいちゃんはおれが高校1年のとき死んだ
葬式にはじいちゃんの戦友という方がいらっしゃった
葬式のときに告辞?みたいのがあるじゃん?
それをその戦友さんがやったんだけど、
出だしが「思い返せばあなたとであったのは満州の大地ででしたね・・・」からだった。

満州が中国北部辺りってこと以外わからない俺は、
あのヒーローなじいちゃんはリアルだったんだってことを感覚として改めて刻んだ
葬式のあと、その戦友さんがオレにいろいろ教えてくれた

「あなたのおじいさんはね、偉い人だったんだ
ある日、あんまり食べ物がないものだから、
あなたのおじいさんの部下が食べ物をこっそり食べてしまったんだ
その次の日、あなたのおじいさんの上司がそのことに気付いて
誰が犯人なのか、って怒ったんだ
あなたのおじいさんは、実は自分の部下が食べたのを知っていた。
なのに、あの人は『自分がやりました』って言うんだ
そのあと、部下の前なのにすごく殴られたり蹴られたりしてね
私は聞いたんだ
『なぜあんなに正直に聞いたんだ』って
そしたらあの人は

『自分の命令一つで死地にやったりすることもあるんだ、
こういうときくらい自分が傷ついておくべきだろう』って

すごく立派な人だったよ・・・」

あんなに戦争の話をしてくれたじいちゃんは
おれにその話をしてくれたことがない
おれは涙がとまらなかった


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://signalzigzag.blog59.fc2.com/tb.php/14-1ba4b701

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。