HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ちょっといい話

インド人の知り合いから聞いた、昔々の英雄譚

978 名前:既婚男性板よりコピペ :2005/07/22(金) 20:10:37 ID:T8+liFc/

…昔々、第二次世界大戦の頃、Mさんというインド人の若者がいました。
Mさんは、インド国民軍に参加し、日本軍の新藤(仮)という軍人の下で
訓練を受けたそうです。
新藤氏は、日本人にしては色が黒く目鼻立ちが濃かったせいで、
日本兵の間で「インド人に似ているから、お前のあだ名はインドさんだ!」
とおもしろがって呼ばれていたそうです。
また、Mさんたちからも、そのあだ名と、名前の発音がインドの古称である
「シンド」と似ているため、「シンドさん、シンドさん」と親しみを込めて
呼ばれるようになったそうです。


新藤氏の訓練は厳しく、Mさんたちインドの兵士を怒鳴りつけたり
鉄拳制裁を加えたりするのも日常茶飯事だったそうです。
しかし、訓練が終わると、日本の歌やインドの歌を一緒に歌ったり、
言葉を教えあったり、時には特別配給されたお菓子を分けてくれたりと、
日本人、インド人を問わず、兵士たちの誰からも尊敬され、
愛される上官だったそうです。


そして、訓練も終わり、インパール作戦への開始。
その時、Mさんたちは新藤氏の部下(?)として、作戦に参加することに
なったそうです。


激戦の中、新藤氏の部隊は、強力なイギリス軍の陣地を攻めるため、
本隊から大きく迂回してジャングルの中を進み、イギリス軍の背後を
突くように、という命令を与えられました。


しかし、攻撃前にイギリス軍に発見され、ほぼ全滅するほどの被害を
受けたそうです。


気づけば、Mさんの周囲で生き残ったのは、同世代の若いインド兵が
わずか5名。みんな恐怖で逃げ散ったためにかろうじて生き残った者
ばかりだったそうです。
イギリス軍に見つかれば殺される、と怯えるMさんたちの元に、
片腕を失った新藤氏が合流し「作戦は失敗した、本隊と合流しよう」
と告げたのだそうです。


ですが、武器も食糧も水もろくになく、本隊がどこにいるのかも
わからず、しかも敵兵がうようよいる中では、夜中にしか移動できません。
そんな中でも、重傷の新藤氏は怯えるMさんたちを励まし、
杖代わりの小銃にすがって山中をさまよったそうです。



979 名前:既婚男性板よりコピペ :2005/07/22(金) 20:11:29 ID:T8+liFc/

数日後、食糧も水も尽き、新藤氏の病状も悪化し、いよいよもうダメだ、
とMさんが覚悟した時。
最悪なことに10人ほどのイギリス軍の小部隊が近づいてくるのを発見します。
新藤氏は、Mさんたちにこう告げます。


「私は、この怪我ではまもなく死ぬ。だが、諸君はなんとしても
生き延びて、インドの独立のために戦いなさい」


うなずくMさんたちを地面に伏せさせ、その上に土や落ち葉をかぶせた後、
新藤氏は「ガンバレ!」と叫ぶと、弾の尽きた小銃だけを手に、
イギリス軍に向かって駆け出します。


しかし、何歩も行かないうちに、イギリス軍の機関銃に頭を撃たれ、
鉄兜をはね飛ばされ、その場に倒れます。
それでも、新藤氏は跳ね起き、小銃を構えてイギリス兵に襲いかかり、
銃剣で3人を刺し殺したそうです。


なおも片手で血まみれの銃を振り回す新藤氏に恐れをなしたイギリス兵は、
武器や荷物を放り出し、悲鳴を上げて逃げ去っていったそうです。


イギリス人が逃げ去って始めて、新藤氏はその場にばったりと倒れます


敵兵が去った後、新藤氏に駆け寄ったMさんたちが見たのは、
最初の機関銃の弾で頭を撃ち抜かれたためか、頭が半分無くなってしまった
新藤氏の変わり果てた姿でした。



980 名前:既婚男性板よりコピペ :2005/07/22(金) 20:12:45 ID:T8+liFc/

Mさんたちは、新藤氏の遺体を囲んで泣き、日本人がこんなに勇敢に
戦ったのに、私たちは怯えて見ているだけだった。情けない。
これからは勇敢に戦い、新藤氏が願ったように、
生き延びてインドのために命がけで働こう、と誓ったそうです。


そして、新藤氏の遺品である銃やお守りを手に、イギリス軍の残していった
武器や食料をみんなで分け合い、その場を離れます。
新藤氏の死から、10日以上も山中をさまよった後、一行は小さな集落に
たどり着き、その住民に助けてもらってようやく
日本軍(当初属していた本隊ではない部隊)と合流できたのだそうです。
形見のお守りは合流した日本軍の士官に渡したそうですから、
おそらく遺族の元に戻ったことでしょう。


そうそう、士官が確認のために開けた時、
中には小さな木の板と、折りたたんだ写真…新藤氏が奥さんの隣で、
小さな女の子を抱いて微笑んでいる写真…が入っていたそうです。
小さなお子さんのためにも、なんとしても日本に帰りたかっただろうに、
命がけで自分たちを守ってくれた新藤氏の勇気に、Mさんたちは
再び声を上げて泣いたそうです。


そして、終戦。
最後までMさんたちの面倒を見てくれた日本軍の士官は

「私たちと一緒にいると、イギリス軍に捕まってしまうから、
身分を隠して故郷に帰りなさい」

といって、わずかながらお金や食料、衣服などを分け与えてくれたそうです。
そして、「インド独立の約束を果たせなくてすまない」
と涙を流して頭を下げたそうです。



981 名前:既婚男性板よりコピペ :2005/07/22(金) 20:13:41 ID:T8+liFc/

戦争の後、故郷に帰ったMさんたちは協力し合い、新藤氏の最後の言葉
「ガンバレ!」を合い言葉に、インドの独立と発展のために
必死で働いたそうです。
そして、Mさんは軍人として大成し、仲間たちもお互いに力を合わせて、
政治家や実業家、学者として同様に成功を修めたそうです。


勇敢で、高潔で、誰からも好かれた日本人。
そんな日本人は今どこかにいるのだろうか。


でも、ほんの60年前。私の両親や祖父母の時代に、この国には確かに
そんな立派な人間がいたという事実は、私にとって小さな誇りと、
負けないように自分も頑張らないと、という目標を与えてくれたような
気がします。


最後に。
今回の話は、もともとが古い時代の聞き語り。話した本人も、
聞き覚えた人々も幼い頃の記憶に頼っていますし、歴史や軍事に
詳しい訳でもありません。
また、この話をまとめた私自身も第二次大戦に関する知識に乏しいので、
戦史に詳しい方から見れば首をかしげるような部分もあるかも知れません。


その点をご理解頂ければ幸いです。


982 名前:既婚男性板よりコピペ :2005/07/22(金) 20:14:32 ID:T8+liFc/

そうそう、この話にはちょっとオカルチック(?)な余談があります。

新藤氏が死んでMさんたちが山中をさまよっている時のこと。
疲労で見張りを立てる余裕もなく眠ってしまった5人全員の夢の中、
新藤氏が出てきて「敵襲!」と叫んだそうです。
そして、はっとして目覚め、跳ね起きて藪の中に身を潜めたMさんたちの
すぐ近くを、イギリス兵の偵察部隊が通り過ぎていったそうです。

その後も何度か、Mさんたちの夢に新藤氏が現れて、敵が近くにいることを
教えてくれたそうです。
Mさんたちは、死んで霊になった新藤氏が自分たちを守ってくれていると信じ
夢の警告に従って、ひとりの死者を出すことなく
生き延びることができたのだそうです。


しかも、戦後の独立運動の間も、その後の軍務の中でも、新藤氏は何度も
Mさんたちの夢に現れ、様々な危険を教えてくれたそうです。


…霊のお告げ、ってのは

「Mさんたちの、疲労状態でも極限まで緊張しきった神経が、
敵兵の近づくのに気づき、無意識のうちに便りにしていた新藤氏の姿を借りて
警告を発した」

合理的に考えることも出来ますが、やっぱり、これだけは、死者の魂が
最後まで守っていてくれた、という説明の方がしっくりするような気がします。

さて、以上、インド人の知り合いから聞いた、昔々の英雄譚でございました。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://signalzigzag.blog59.fc2.com/tb.php/147-9066f460

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。