HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>怖い話をクールに反撃しよう

夜の峠道。俺がその道を走っていると、「それ」はやってきた。

79 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/02/28(木) 18:20:14 ID:OoHk7LrF0

夜の峠道。俺がその道を走っていると、「それ」はやってきた。
背後に迫る何者かの影…面白い。
この俺にダウンヒルで勝つつもりなんだろうが、そうはいかない。
兄貴にみっちり仕込まれた俺のドライビングに勝てるわけがない。
だが…現実は違った。
カーブを抜ける度に、「それ」は俺の背後へ近づいて来ていた。
悪い夢でも見てるのか?


貼り付かれたままヘアピンカーブを曲がる。
そこで俺は、何者かの正体を確認した。…愕然とした。
悪い夢でも見てるのか?

「何!?ババアだと!?ふざけるな!!」

ババアに貼り付かれたまま、コースの終盤に差し掛かる。
いつものあのコーナーだ。
この先に備え、俺は減速したが、ババアは何の躊躇いもな
く俺の横を通過していく!馬鹿な。コースを知らないのか?
このゆるい右の先は、きつい左だ!

案の定、右コーナーで大きくバランスを崩すババア。
言わんこっちゃない。嫌な物を見せられたぜ。
体勢を立て直すスペースはもう無ぇ!

だが…ババアは一瞬のうちに、体制を逆方向に入れ替えた!

「なっ!か…、慣性ドリフト!」

あっけにとられて体制を崩す俺をよそに、
ババアはあっという間に俺の視界から消えた。

信じられん…俺は、秋名で死んだ走り屋の幽霊でも見たのか…?
鮮やかな慣性ドリフト…
あんな事ができるのは、ウチのチームでも兄貴ぐらいだろう…。
あのババア何者だ…?

これが、この後に続く、俺のライバル「ターボババア」との初めての出会いだった。



94 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/03/05(水) 14:14:26 ID:Ijt8AA7OO
>>79
それなんて頭文字Dwwwww


95 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/03/05(水) 14:53:30 ID:CU4l71N3O
>>79 啓介さんktkr
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://signalzigzag.blog59.fc2.com/tb.php/186-d5230262

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。