HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ミステリ─叙述

私とアキラが同棲し始めたのは6年前の事だ

610 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2008/07/31(木) 00:07:37 ID:RYsct1nT0

「これ、恋人のカオリ」
初めて彼女をこの家に連れて来られた時、
私はガツンと頭を殴られたような衝撃を受けた。

私とアキラが同棲し始めたのは6年前の事だ。
高校から一人暮らしを始めるアキラが、
寂しいからという理由で昔から仲の良かった私を
このマンションに半ば強制的に連行したのが始まりだった。

「はじめまして、カオリです。」
そう行儀よくお辞儀したカオリは、アキラにはちょっと勿体無い位可愛かった。
顔にも口にも出さなかったが、内心私は複雑だった。

私のほうがアキラを知ってる。
笑っているときも落ち込むところも、この女より、よく知ってるのに。
アキラとカオリが付き合いだした馴れ初めは、たったひとつのキスかららしい。

元々大学で仲が良かった二人だが、
ある日とうとうアキラの理性がぷっつり切れてキスをした。
これでカオリに万一
ほかに好きな人でも居たら一大事というかシャレにもならないが、
強運にもカオリもアキラが好きだったらしい。

目出度く両想いになったそうだ。
…たった、キスひとつで変わる関係なら、どんなに良かっただろう。

「な?言ってた通り可愛かったろ、『カオリちゃん』。」
カオリが帰った直後玄関を振り返って、自慢げにアキラがふふんと笑った。
ああ、可愛かったよ
長い間連れ添った私なんかよりあのコを選んだ位なんだから。
…可愛くないと、納得いかない。

「拗ねんなよ、バカ」
よほど態度に出ていたのか、アキラは笑って
いつものように私に軽くキスを落とした。

…キス、たったひとつで、変わる関係だったら、どんどんなに、良かっただろう。
キスなんて何回もしているが、関係が変わったことなんて、ない。


…なんだかふいに悔しくなって、私はみゃあ、と鳴いてやった。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://signalzigzag.blog59.fc2.com/tb.php/235-f90b376d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。