HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>和むコピペ~外人編

まだ日本に米軍がごろごろいた頃のうちのじいちゃん(元米兵)の話

177 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/06/26(木) 22:26:29 ID:SS6FJz9B

和めるかはわからんがうちのじいちゃん(元米兵)の話。

昔昔、まだ日本に米軍がごろごろいた頃、休暇だかなんだかに
街に繰り出した時に、配給を配ってたばあさんに一目惚れして、
居ても立ってもいられずばあさんに会いたいがために脱走したことが
あるそうだ。それも何度も。

ばあさんは「鬼畜米英」を教え込まれていたので
ものっそい不審がって逃げ回ってたそうだが、
それでもばあさんに会って、できれば恋仲になりたいと願い続けて、
日本贔屓の上司にどうやったら日本の女性と付き合えるのか聞いて、
日本語で恋文をしたためたり、
貸してもらった和歌集から恋歌を抜粋して送ったり、
積極的にいくと日本の女性は怖がると聞いたら
遠巻きに立って「ここから一歩も近づきません!」と宣言して
そこから一所懸命恋文や恋歌を投げたりしたんだそうだ。脱走して。

贔屓とはちょっと違うかもしれんが。



188 名前:177[sage] 投稿日:2008/06/26(木) 23:22:43 ID:SS6FJz9B

じいちゃんは毎週ばあちゃんのもとに通って、
へったくそな日本語の恋文と恋歌の写しを投げて、
ばあちゃんが拾うのを確認して一礼して走り去る、とやってたんだが
じいちゃんが投げた恋歌の中に、
ばあちゃんが好きな歌が入ってたのがきっかけで
ばあちゃんから「この歌が好きなんですか?」と話しかけたらしい。

そこでじいちゃんが全く日本語ができない(「ここから一歩も近づきません!」
は日本贔屓の上司に教えてもらった唯一の日本語)ということが発覚して、
じいちゃんが滞在中ずっとばあちゃんが日本語を教えてたんだそうだ。

そのお礼として米軍配給の缶詰だのを渡してたんだそうだが、
上司の入れ知恵で同じ隊の他の人に事情を話して
ちょこっとずつ缶詰だのを分けてもらって
「ご近所の皆さんで分けてください」と箱一杯に差し入れたのがきっかけで
ばあちゃん一家に受け入れられて、アメリカに帰る時には
一緒にご飯を食べたんだって。

その時に、もうアメリカに帰ったら
ばあちゃんに会えないかもしれない、と思って
「普段味気なく食べている配給も、あなたと食べるとごちそうのように
美味しかった。そんなあなたともう会えなくなるのは生きている意味を
感じられないほど悲しい」

と言ったら、ばあちゃんも

「とても優しいあなたと会えなくなるのは私も悲しい」
と返したので、
じいちゃんは自分の所属部隊と名前と階級を書いて渡して
「もし私とまた会ってもいいと思ったら、残っている米兵にここ宛に
手紙をください」
とやって、米軍が完全撤退するまでしばらく文通してたんだと。

そのあとじいちゃんが日本にきて、ずっと独身だったばあちゃんと結婚。
以上です。

文才なくてスマン


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://signalzigzag.blog59.fc2.com/tb.php/304-4d52523d

コメント

この話好きだ。
じいちゃんもばあちゃんも萌える。
いいなー。こう云う純愛好き。
クォーターいいなあ

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。