HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ちょっといい話

ある日、犬と自家用車の事故を目の当たりにした。

85 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:2008/09/05(金) 08:00:24 ID:JI2M88Hh

自分は仕事でタンクローリーに乗ってます。
ある日、犬と自家用車の事故を目の当たりにした。
(車高が高いので良く見える)
犬がふらふらと車道に出てきてそれを車が跳ねてしまった。
一瞬、車は止まったがすぐに走り出してしまった。

よく見ると犬はまだ動いてる。
後ろ両足をだらりとさせて前足だけで歩こうとしてた。
見かねて駆け寄り仮眠用に載せていた毛布で包み
車に乗せて、でかいタンクローリーで憶えのある動物病院までいった。

怪我はなんとか治るかもしれないけど
轢かれた事が原因のショック症状で死ぬ危険性が高いと告げられた。
ゴールデンレトリバーの♂できっと飼い主さんいるはずですよ
と獣医さんに言われ
警察に拾得物として届けだけ出した。(それしか思いつかなかった)

すぐに飼い主は見つかった。
しかし驚いた。
治療費に驚いた飼い主は、いらないと言い出したらしく
連絡先も告げずに帰ってしまったらしい
(良心的な病院で薬代、レントゲン等のみで診察料、
入院費は請求しないでくれた。それでも総額30万くらい)
結局、自分がその代金を支払って

今は何故か俺の家のクーラーの効いた部屋でグーグー寝てる。


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://signalzigzag.blog59.fc2.com/tb.php/305-48d57d74

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。