HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ちょっといい話

俺の親父は今だったら捕まってるぐらいの暴力親父だった。


445 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2008/10/13(月) 05:01:31

今だったら本当、捕まってるぐらいの暴力親父。
テレビの世界にだってこんなヤツいないよってぐらいにうっとうしい親父だった。
母は耐え切れずに俺と兄貴を置いていったらしく、
物心ついたときにはいなかった。


くる日もくる日も殴るける。
灰皿を投げつけられて病院行った事もあった。
中学何年生かは忘れたけど、大喧嘩して家を出てったの。
女つれこんでるのは知ってた事だったから
親父は俺を探そうとしないだろうから
嬉しいのか悲しいのか複雑な思いでふらついてて
結局友達の家に一日だけ泊まって帰るという約束で入れてもらったんよ。


でも、その夜、親父が知るはずもない俺の友達の家にとびこんできて
何もいわずに俺を引っ張ってつれて帰ったの。
そのときはやっぱ
「またブン殴られるのかな」
「また病院逝きかな」
「今日で俺死ぬのかな」
とか思ってた。


ところが家に帰っても何も言わずにずっと黙ったままで。
んで気まずくて息もできないくらいで早く時間過ぎろって思ってて。
そしたらいきなり
「俺が死んだら泣いてくれるか」なんて言ってて
「はぁ?」
って風にしどろもどろしてたの。


んで淡々と今までの事とか親父の子供のころとか喋って、
最後に「今までごめんよ」って言って。
その間俺身動き一つできなかった。
何をいきなりこんな事言ってるんだって。
親父が憎いとかそんなこと思う余裕なくて考えてたの。
もちろん兄貴も話を聞いてたらしくて後から話し合ったけど、
結局わからなくて。


その三日後に親父が死んじゃったの。ほんとにコロっと。
病院の先生からよれよれの手紙を手渡されてね。
兄貴と二人でよんだ。
ひたすらに謝ってる手紙。
アルコール中毒で手も思うように動かせない汚い字で。


その手紙の最後に
「玄関の梁の下に酒がある。
あと十年後、おまえ達が大人になったら俺の仏壇の前で飲んでくれ。」
って書いてあった。


その時なぜか涙が出て、
恨みこそすれあんなに殺したがっていた親父が死んじまったって。


明日、ちょうど約束の十年目。
兄貴は俺が十八のときに肺炎で死んだ。

一人身の俺は明日、三人で酒を酌み交わす。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://signalzigzag.blog59.fc2.com/tb.php/499-09f33390

コメント

これって家庭内暴力の典型的な例だよね。

暴力振るう→しおらしくなって謝る→許してもらう→暴力振るう

のループ。

とてもじゃないけどいい話だとは思えないなぁ。
親、あるいは血の繋がりって不思議だよな。
どんなに虐待されてても、きっと愛してくれてるって信じてる。

※1の言うことは正論だけどさ、最後に一言謝ってもらえただけでも、憎悪が氷解するモンだぜ。もちろんこれはオレの意見だから世間一般的に間違ってるかもしれない。でも、たった一言で救われることってあると思うんだよ。
まあ被害者が許すって決めたんならそれでいいんじゃないか…?
ただ彼には許さない権利もあると思うけどな
部外者は表面的なことでしかわあわあ言うしかないわけだ
仕方ないさ
暴力を振るい続けたんなら憎まれたまま死んで欲しかったと思うよ。
ちょっと最後に殊勝な面しただけで、今までの行いがチャラになったなんて思ってんじゃねーぞ、クズが。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。