HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>怖いコピペ

ベッドで妻が夫に聞いた。「ねえあなた、わたしのこと愛してる?」

210 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 00:29:52 ID:JnSyw7TlO

新婚初夜。
ベッドで妻が夫に聞いた。
「ねえあなた、わたしのこと愛してる?」
夫はほほ笑みながら答えた。
「もちろん愛してるさ」

やがて二人のあいだには娘が一人生まれた。

その娘の七歳の誕生日。
娘が父親に聞いた。
「ねえパパ、あたしのことアイシテル?」
父親はほほ笑みながら答えた。
「もちろんアイシテルよ」
「ママのこともアイシテルんでしょ?」
娘はさらに聞いた。
「ああ、もちろんママのことも愛してる」
「あたしとママなら、どっちをいっぱいアイシテルの?」
「難しいね」
父親は少し考えてから、やはりほほ笑んで答えた。
「たぶん、ママの場合とは意味が違っているんだよ」
「よくわかんない」
「まだわからなくていいのさ。さあ、ママにケーキお供えしてこよう」


十年後。
取り調べ室で、まだ若い刑事が男にこう聞いた。
「――で、結局なぜあんなことをしたんだ?」
男はしばらくうつむいたまま押し黙った後、
ゆっくりとほほ笑みながら答えた。
「……意味が違っていたんです。
前と同じように。それだけです」

一年後。
男の娘とごく短いあいだだけ交際していた少年が、
新しい恋人の少女からふいにこう聞かれた。
「ねえ、あたしのこと愛してる?」

少年は青ざめた顔のまま、何ひとつ言葉を返さなかった。




218 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 07:55:34 ID:xlGhUU5lO
>>210すいません解説お願いします><


225 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/07/06(日) 21:05:28 ID:oOuOV5gsO
>>210
十年後に事件を起こしたのは娘かな?


232 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/07/07(月) 00:33:07 ID:CRmpgS1+O
>>210
男が妻と娘を殺したのはガチだと思うが、
最後の段で娘の元カレが出てくるのが意味ありげだな。

何らかの形で事件に関わっていたのか。
まさか共犯ってことはないと思うが。
男が娘を殺す現場を見せつけられながら、
「これが『愛してる』ということの本当の意味なんだよ、わかるかい?」
なんて言われたのかも・・・と想像。


234 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/07/07(月) 01:11:06 ID:MunG52AYO
>>210

実は妻は体が弱く、病院のベッドで
「私のこと愛してる?」と言った

子が生まれる。体が弱い妻はそれと引き換えに死亡

娘 七歳の誕生日。娘は父親の「アイシテル」の違いがわからない。
物を供えることが母への愛だと認識

十年後
娘は彼氏に「私のこと愛してる?」と言う。
十年前に父親が言ったそれと同じような事を言われる。
彼氏に本当に愛してもらう(物を供えてもらう)ために自害

娘はどうしてあんなことをしたのか。
愛してるの意味が違った

一年後
別の彼女が「私のこと愛してる?」
彼氏(もう勘弁してくだしあ)
なんて予想してみた


240 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/07/07(月) 09:43:42 ID:LJhVCo6oO
>>234
・彼女は自害したのに何故彼氏が「あんなことをした」と聞かれたのか
・彼氏は何故前と同様に意味が違っていたことを知っていたのか


250 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/07/08(火) 20:14:53 ID:Zfo8tFyu0
>>210がやっぱりワケワカン

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://signalzigzag.blog59.fc2.com/tb.php/561-f2326dec

コメント

父親はドSで、彼の言う「愛してる」は暴力。
ただ、娘に向けられたのは一般的な「愛」という感情。

10年後、彼は再びとある女性を「愛した」

やがて、彼に育てられた娘もまた、異性に対する「愛してる」をはき違えた。


……じゃないかなぁ。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。