HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ジョーク

こんなにパワフルな民族に、我々は本当に勝つことができるのだろうか…

158 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 21:36:08 ID:MEEt/pSg0

第二次世界大戦中、アメリカ人の将軍が、日本のことをいろいろと調べていた。

ある日、その将軍は日本研究家を呼びつけ、質問をした。
「日本人は、自分の子どもにどうやって名前を付けるんだ?」
研究家は答えた。

「日本人は、生まれた順番を子どもの名前にします。例えば、最初の子は“イチロー”、
 二番目は“ジロー”、三番目が“サブロー”、以下、“シロー”、“ゴロー”といった具合です」
「なるほど、それは面白い」

数ヶ月後、その将軍は、この戦争について悲観的な気持ちとなった。
「こんなに精力的でパワフルな民族に、我々は本当に勝つことができるのだろうか…」
その将軍は、対峙している敵の将軍の名前が、「山本五十六」であることを知ったのである。

※ちなみに山本五十六は六男です。


159 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 22:20:29 ID:lw1QPKeu0
父親が五十六歳のときの子だね。

日本人の名前についてる数字はいい加減だと知ってたらよかったのにw
曾我兄弟は兄貴が十郎で弟が五郎。直木三十五は自分の年齢。
道場六三郎は六人兄妹の三男。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://signalzigzag.blog59.fc2.com/tb.php/740-e042a20b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。