HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ミステリ─叙述

「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒にかなしんでくれるかい?」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:31:48.14 ID:eDLFKdNUP

一人の女の子がいた。
性格は明るく、小学校ではたくさんの友達に囲まれていた。
また、女の子は大のおじいちゃん子で、おじいちゃんも女の子の事を本当に可愛がった。
しかし、おじいちゃんは今は入院しており、余命は長くなかった。


病室には女の子とおじいちゃんの二人。
女の子はおじいちゃんに、学校の事や最近楽しかった事などいろいろな事を話した。

しかし、途中で女の子は泣きながら

「おじいちゃんいなくなるの?」

と聞いた。するとおじいちゃんは

「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒にかなしんでくれるかい?」

と言った。女の子は

「うん……でも死んじゃいやだよ」

とつぶやいた。

その後、女の子は家に帰ることになり、その次の日おじいちゃんは帰らぬ人となった。
女の子はその日、わんわん泣いた……。

一か月後、ある記事が新聞の隅に載った。
一部抜粋すると

「一家心中、動機は全くの不明。女の子の名前は斉藤加奈ちゃん」




40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/12(日) 23:40:38.74 ID:JHd0EqCTO
>>22がわからん


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/12(日) 23:41:03.11 ID:eDLFKdNUP
>>40
「お父さんお母さんと一緒に かな しんで くれるかい?」


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://signalzigzag.blog59.fc2.com/tb.php/771-b3a29bb9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。