HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>おもしろいコピペ

コンビニで深夜のバイトをしていた時の話

419 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/07/18(金) 01:02:40 ID:dZY623rq0
コンビニで深夜のバイトをしていた時の話。

レジで会計をしていると表ででかい急ブレーキ音
そして衝突の音。何事かと目をやると
丁度コンビニ前の道を吹っ飛んでいく自転車が見えた。

俺も店にいた客も、突然の出来事にしばし止まっていた。
レジにいた客と救急車呼んだ方が良くない?などと話していると
自動扉が開く音が聞こえ、雑誌を立ち読みしていた客が悲鳴を上げた。
見ると、頭から血を流し手首が変な方に曲がり
足を引きずった男の人が入ってきた。
きっと車に撥ねられた人なんだろう。

「だ、大丈夫ですか・・・い、今救急しゃ」と俺が焦っていると
その男は動く方の手で「ちょっと待って」的な動作をし
店の中を歩いていく
え?と思っているとレジに缶コーヒーと雑誌2冊
(漫画雑誌とでらべっぴんだった)を持ってきて
「多分入院するんで」と血まみれの顔で恥ずかしそうに笑った。

あの笑顔は一生忘れないだろうな。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://signalzigzag.blog59.fc2.com/tb.php/93-d23b728e

コメント

おいおい…

最強じゃねーかwww

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。