HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>怖いコピペ

ひとりきりで終電に乗ってたら不気味な女に出会ってしまった

165 名前:電車の女[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 14:53:16 ID:yKxIcXqs0

俺は地方にすんでるんだが、
1ヶ月に2回ほど東京に行って終電で帰ってくるやぶ用がある
特急を使えば3時間ほどだが、
自営業なんで経費削減をかねていつも鈍行で帰ってくることにしてる
電車に乗ってるのは好きで、
ぼけーーっとしたり雑誌読んだりしながら弁当食ってきままにやっていた。

東京周辺は多くの人が乗っているが、
最後の1時間くらいは車両に1人もいないことは珍しくもなく
暗い蛍光灯の中、貸し切り状態で帰ってくることになる
そういう状況でも俺は怖いとかなく、今日は貸切だとか適当にそれを楽しんでいた

だがその日だけは様子が違っていた
俺は真ん中らへんの車両の中央のボックス席で
靴を脱いで足を伸ばしてうたた寝をしていた。
家まであと50分くらい結構眠れるし暖房がきいていてぽかぽかだった。



166 名前:電車の女2[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 14:53:55 ID:yKxIcXqs0
ふときづくと電車は止まっていた、
どうやら途中の駅についた様でドアが開いて
誰も乗らないでまたドアが閉まる、

その時俺はゾクゾクッと背中に悪寒を感じた
何か乗ったな。。。と心の奥分かっていたようだ。
そして電車はまた走り出した
貸し切り状態の電車の中、窓から外を見ても真っ暗闇で車内の反射しか見えない
おれは後ろを振り返る勇気がなかったが、
思い切って腰掛の上からぱっと振り返る、

すると後ろ3席目くらいのところに頭が見えた、どうやら女のようだ
いままで貸切でさっきの駅では誰も乗っていないのに。。

俺は少し気味悪くなったが
俺の勘違いで最初から誰かいたんだろうと思い込ませたが
少したつとなにやらかすかな音が聞こえてきた

「うゥ~。。。。」「うゥ。。。」

電車が走っている騒音なのかかすかに聞こえる、
人のうなり声かうめき声のようななにか
さすがの俺も恐怖を感じ始めていた、まだ目的地まで40分はある、
車両を移ろう、
そう決心した俺は席を立ち
前の車両に後ろを振り返らず連結部の重いドアを開け急いで移った


168 名前:電車の女3[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 14:54:22 ID:yKxIcXqs0
その車両にも誰も乗っておらず、
暖房が効いていないようで少し寒かったが
不気味な女といるよりは全然ましだったと安心していた矢先、
またあのうめき声がなり始めた。

今度は、前よりも大きい。。。俺の後ろの席から聞こえてる。。
もう俺には後ろを確認する勇気はない、
すぐさまバックを持って急いで席を立ち
連結のドアを開けて前いた車両に戻った
連結部の重いドアをガチャッと大きな音を立てて締めた。
締めたまま俺は身動きが取れなくなった
まだあの女の頭が腰掛の上から見える。。。
後ろにも前戻れない、俺は挟まれたのか

とりあえず席に座るしかないと考えドアのすぐ横のボックス席に座り
恐怖に耐えていた、
少したってまた聞こえてきたあのうめき声が



169 名前:電車の女4[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 14:55:18 ID:yKxIcXqs0
車掌のそばにいれば怖くないと考えたが
車掌がいる最後尾の車両までは4両も離れている上
女の横を通過しなければならない、俺はそれだけは絶対ダメだとなぜか思っていた
女の横を通ってはいけないそれだけは強く思った。

うめき声は絶えず聞こえた、だが近づいてきてる気配はない
しかしなにか擦れてる音が近づいてるようだ、なにかマッチをする音か
服同士が擦れるおとのようななにかが近づいてきてる
でもその方向を見る勇気はないただボックス席の中で祈るしかない

その意味不明な恐怖状態の中ようやく俺の駅が近づいてきた
あと少しで着く、そう思うと俺は勇気が戻ってきたのを感じた。
この状況を少し変えようと
重いさっきいた車両を連結部のドアのガラス越しに覗いた

女と目が合った、
女は腰掛ごしに顔だけこっちをにらんでいた
表情まではよく分からないがなにか黒いかんじの女がこっちを見ていた


170 名前:電車の女5[sage] 投稿日:2009/02/03(火) 14:55:53 ID:yKxIcXqs0
俺は覗いたのを激しく後悔した、
見ちゃいけなかった、絶対に見ちゃいけなかった。
おれはすぐ目をそらしたが、何かが近づいている気配に恐怖を感じた。

ヤバイと感じてるなか俺の駅につき電車が止まった、
俺は回りは何も見ずにただドアに向かって走り電車を出た。
3番線に降りたが駅を出るためには一度階段をくだり
トンネル通路を通ってまた階段をあがらなければならない

この駅は10時以降は無人駅になるため駅には誰もいないので夜は少し不気味だ
俺は足早に階段まで歩いていき暗いトンネル通路を歩いていると
何かついてきてる気配が確実に感じた、俺以外は誰も降りてない。。。
誰かは分かってる、あの女しかいない

後ろは絶対振り向かない、そう決心して駅を出た
そして真っ暗なので転ばないように注意しながら
駐車場に止めてある車まで急ぎカギを開け車に乗った。




この後も話はありますがとりあえず時間があるときにまたお話しします。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://signalzigzag.blog59.fc2.com/tb.php/934-74b1af68

コメント

やめちゃうのかよぉぉぉ!!
「やぶ」用が気になるw
死亡フラグっぽいな。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。